雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

従順レベリングテストで犬のテストをする際の注意

投稿日:

犬の従順性テストは必ず次々に連続しておこない、一回通しで終えることが必要だ。匂いのない餌を少々ずつ一回分(ドッグ・ビスケット、細かくしたパンの切れ端など)。匂いの強い餌を少々(チーズ、サラミ、ペパロニ・ソーセージ、レバーなどのたぐい)。助手になってくれる人も必要だろう。鉛筆と採点表。忘れてならない大事な点は、テストが知らない人によっておこなわれることである。犬があなたを知っている場合は、犬の知らない人を助手に頼み、その人がテストを実施する。

食事の前が望ましい。食べた直後だと子犬の動きが緩慢になり、餌で釣っても思わしい反応が得られない。テストには子犬がふだん活動する時間を選ぶ。できるだけふつうの状態で子犬の反応を調べることが望ましい。テストの日には、たとえば獣医師が訪問して注射をした、回虫駆除をした、たんに興奮しすぎたなどといった異変のないのをたしかめること。すべての得点を見本のような得点表に記入する。

人間に関心をもたない犬は

人間に関心をもたない犬は、訓練しにくく、命令にも確実な反応を示さないだろう。いかなる訓練でも、犬が訓練者の行動に関心をもつことが最低限必要となるからである。テストは、社会的関心度を測るものである。いずれも子犬が人間に対してどれぐらい関心をもち、人間に引きつけられるかを測定する。この最初のテストでは犬が知らない人に進んで近づくかどうかが測られる。

助手が子犬を部屋に連れて来て(どうか犬のえり首を持たないように。これをやると子犬はたちまち怖がってしまう)、テスト者から一メートルほど離れた床の上に、テスト者と向き合うように置く。犬が床に置かれたら、テスト者はすぐに呼びかける。この場合、犬の名前や、おいでというような言葉は決して使わないこと。テスト者(子犬の知らない人間)は、床に膝をついて座る(背を低くすることで、できるだけ脅威を与えないようにする)。犬の従順性テスト・実践編テストでは、こういったことに注意しよう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の行動の特徴-おとなしさ、従順さ、子犬的な依頼心

家犬の行動の特徴には、従順さがある。幼態化のひとつの表れとして、犬の行動は子犬的になる。野生の世界では、若いイス科の動物はまず群れの最も小さく弱いメンバーに戦いを挑み、次第に支配権を奪ってゆく。子犬は …

no image

ペットショップのデパート化が進んでいる

ペットショップのデパート化が進んでいる。 江戸時代の鳥獣商は、現代のペットショップのように多種多様なペットを扱っていたわけではありません。小鳥を扱う小鳥商、行商の金魚売りや虫売りなど、ペット生体ごとに …

no image

必ず一定の言葉や合図を使うことで訓練がうまくいく

犬の訓練を行う場合、一貫した訓練をおこなうことできる限り一貫した訓練をおこない、必ず一定の言葉や合図を使う。声の調子も同じであるほうが望ましい。そして命令がきちんと正確に実行できるょうになるまで、犬を …

no image

ハウスや犬のしつけなど

犬も自分だけの安息の場所が必要です。犬がハウスの中で休んでいるときは、ちょっかいを出さないこと。ハウスはケージやサークルのほか、運搬用犬舎でも0K。また、ハウスは来客があったときなど、犬を一時的に入れ …

no image

犬のストレス解消法-おもちゃや留守番中の困った行動の予防

犬のストレス解消法には、色々とあります。 犬の留守中の困った行動を予防したり直したりするために、「散歩」や「遊び」など人間にとって望ましい方法で、ストレスを解消させてあげましょう。犬との信頼関係を深め …