雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

効果的な絨毯のダニ退治方法

投稿日:

・じゅうたんのダニ対策

じゅうたんの場合は、梅雨時と夏のあいだにダニが繁殖してしまうなんて恐ろしいことも考えられる。冬はじゅうたん、夏はゴザ、と使い分けている家庭では、シーズンオフになって敷物を押し入れにしまう前に、かならずやっておかなければいけないことがある。それはダニ退治。天板は家具ではなく壁のほうに立てかけるようにする。しまう前に、しっかりと退治しておこう。これで、見た目もスッキリ。

部屋も押し入れも広々と使える。ダニ退治に一番よい方法は、熱を加えること。高温になると、ダニはほぼ死滅してしまう。これにはホットカーペットを利用するのがいい。じゅうたんを折りたたんで、二つ折りにしたホットカーペットのあいだにスキマができないように挟み込む。ダニ退治機能があるならその目盛りに合わせて、2時間ほど加温。そのあと、じゅうたんを広げて掃除機でよく吸い取る。ダニの死骸やフンを完全に取ってからしまうためだ。

こたつのスッキリ収納法

天板とヒーター部分と脚を外してバラバラにしてもまだ大きく、マンションやアパートでこれだけのスペースを確保しておくのは至難の業。冬の主役・こたつも、シーズンオフになると保管場所に困る大物だ。そんなときには、無理して押し入れにしまわず、部屋の中に収納することを考えてみよう。タンスやクローゼットなど、大きめの家具を少しだけ壁から離しておく。この家具と壁とのスキマに、保管するのだ。こたつ本体であるヒーター部分を置いて、そのスキマに脚と天板を挟む。冬場の収納場所に困ることもなく、まさに一石二鳥。

・扇風機を冬場に利用する裏ワザ

今は、一年中扇風機を活躍させるのが賢いやり方。扇風機は夏の風物詩、というのは昔の話。冬場にエアコンを使っていると、上のほうばかり暖かくなって、足元はスースーして寒く感じるもの。暖かい空気は部屋の上のほうにたまるので、当たり前といえば当たり前だ。足元を暖かくしようとすれば、温度をあげなければならず、今度は暑すぎて頭がボーッとなってしまう。そんなときに、扇風機を使ってみよう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

畳の補修-ささくれなどの改善方法

・畳の補修 畳の補修をする場合の、畳のささくれは、木工用接着剤を3倍ぐらいの水で薄め、平筆で両側から寄せるように合わせて接着します。また、家具などでできたへこみはスチームアイロンを使いカーペットと同じ …

no image

マンションの仕切りを収納に活用する方法

・マンションの仕切りを収納に活用 使い勝手を考えるとベランダに置いておきたいけれど、それではベランダが雑多な印象になってしまう。ベランダのハンガーや洗濯バサミ、布団バサミなどは、収納場所にちょっと困っ …

no image

冷蔵庫の中身の把握をしておこう

冷蔵庫のなかでやっかいな存在といえば、見失ったり、ちらばったり、置き場所が決まらなかったりするモノ。細かいモノや、あるのを忘れて買ってしまうことも多い常備品でしょう。常備品なら納豆や油揚げ、豆腐、ハム …

no image

狭いキッチンを効率よく使う工夫

・狭いキッチンを効率よく使うワザ 便利なのが、園芸用トレリス。園芸用ではあるが、キッチンの壁面に立てかければ、これが立派なキッチンネットになる。ミルクパン、卵焼き器、味噌こしなどは形が変則的で収納しづ …

no image

敷居の段差解消DIY術を紹介

・段差用マットも市販されている 思わぬ事故を未然に防ぐためにも、敷居の段差はなくしておきましょう。ちょっとした敷居の段差でも、子どもやお年寄りにとってはつまづいて危険なことがあります。最も簡単なのは製 …