雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

住職の生命保険

投稿日:

宗教法人として、死亡退職金が十分支払われるような死亡退職金規程が整備されていない場合、残された家族の生活が不安です。ご住職も個人で生命保険に加入していますが、その金額は通常一般家庭並みで、特段高額な契約に加入していることはありません。

ご住職が内的な問題として挙げるのが、後継者問題と勇退退職金。後継者が住職の資格を取得するまでの間に、ご住職が倒れ、祭儀等が執り行えなくなると、本山より新しい住職が派遣されて来ます。この場合、家族はお庫裏(住職一家の居住する建物を一般に指す)を出なければなりません。

高額の生命保険料を個人として支払い、残された家族が十分生活でき得るだけの死亡保険に加入している例はすくないようです。ご住職の個人契約についてもアドバイスが必要でしょう。

また、ご住職の寺葬はそれなりの格式を持って執り行わなければなりません。信徒からの浄財が充てられるとはいえ、信徒の減少も気にかかるところです。本堂・お庫裏の改築費やご住職葬儀用に、別途「護寺会費」などの名義で積み立てをしている寺院もあるようですが、それも十分な額とは言えないようです。

ご住職の平均勇退年齢は宗派によっても異なるようですが、70歳が一般的なようです。ご住職の勇退時に、勇退退職金支給が確実にできるよう、支給規程を作成しておくことが望ましいと言えます。

寺葬費の確保という切り口

しかし規程を作成していない寺院が大半であり、寺院の資金と寺族(住職の家族)の生活費が分けられていないケースも未だ多いようです。

浄財の一部で生活しているという自覚があるため、ご住職家族の生活は決して華美ではありません。世間でイメージされているほど、住職は贅沢な生活はしていないようです。生活費の大半はお寺自体の経費と岐別されておらず、生活費として振り替えられている額が少なめになっていることもあります。

ご住職の死亡退職金支払いに加えて、「寺葬費の確保」という切り口での提案も大切で、槽信徒の負担を軽減するという大義名分がたちます。

宗教法人改正に伴い、税務署の調査も頻繁に行われつつあります。勇退退職慰労金が確実に支給されるように、退職金規程のひな形を示し、時代の変化についても言及しておく必要があるでしょう。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

経営状態の重要な指標-積立てをいくらしているか

~経営状態の重要な指標~ 責任準備金の積立てをいくらしているかは、毎年の決算の中で公表されている。もしかしたら、あなたが加入している保険会社は、入ってくる保険料から責任準備金を積み立てずにどんどん使っ …

no image

ジブラルタ生命保険-昔の体質をひきずり単体保険の組み合わせ

ジブラルタ生命の保険はオーダーメイド保険だが、昔の体質をひきずり単体保険の組み合わせと指摘する専門家はいる。ジブラルタ生命は、平成一三年四月三日に発売したマイファミリーV(ヴァリエ)という抱き合わせ保 …

no image

生命保険の不払い-入り口が狭い場合と広い場合

生命保険の世界では、過労という言葉が出てくる。過労は病気じゃないと一般の人は思いがちだが、過労は英文辞書にも出てくる世界語で立派な病気の一つだ。しかも生命保険の世界では、過労は自殺につながる症状として …

no image

生命保険の予定利率とは何か?国が堂々と公表できる表

同一年齢の死亡率が何パーセントかで保険料は決まります。ある人が何歳で死亡するかをあらかじめ知ることはできません。また、10人とか100人というような少人数のグループでは、ある期間内に何人亡くなるかの当 …

no image

年金の受取り方法はどの方法が有利なのか?

年金(純粋)終身年金では、年金の支払開始後は一時金で受け取ることはできません。確定年金の場合は、残り期間に対する年金の現価をいつでも一時金として受け取れます。でもらうのはよいが、もし途中でまとまったお …