雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

嗅覚獣猟犬の種類は匂いに敏感

投稿日:

ビーグル、ブラッドハウンド、パセット・ハウンドなどの嗅覚獣猟犬(セント・ハウンド)は、視覚的な刺激にはあまり反応しないが、匂いには敏感である。とくに家畜、野生動物、ほかの大の匂いには気をとられやすい。納屋や農場、あるいはほかの犬がやってきそうな遊び場、ウマやウシが草を食み、鳥や野生動物がうろつく野原などでは、必ず気が散ってしまうだろう。

これらの犬種を円滑に訓練し学習の効率をあげるには、屋内もしくは掃除や散水がゆき届いている舗装された場所が良い。嗅覚獣猟犬は手の合図は覚えにくい。鼻が地面を向いているので、訓練者のほうを見ないのだ。嗅覚獣猟犬は、一度でも気をとられると嗅覚に全神経を集中させてしまうため、訓練はまったく徒労に終わることになる(訓練士の中には、犬の鼻先にへア・ポマード、ゼリー状石けん、匂いのついたコールド・クリームなどを塗って、ほかの匂いを遮断する人もいる)。

テリアの中の飛びついて捕まえる本能

これらの犬種の訓練では声による号令を使うほうが効果がある。太陽が傾く時間や、屋内での訓練が、この犬種には適している。ハエやハチなどの昆虫が飛んでくるような場所も、テリアの中の飛びついて捕まえる本能を呼び覚まし、訓練のさまたげになる。テリアは近くにいる小動物、床に動く光や影にたちまち気をとられる。彼らの狩猟本能が目覚めてしまうのだ。というわけで、テリアの訓練には光が当たって影が動くような場所(天気が良くて風の強い日の木陰など)は避けたほうがいい。

テリア種は遊びに我を忘れて夢中になってしまうことが多く、改めて注意を引きつけて訓練を続けるのがむずかしくなる。犬が正しい演技をしたときにごほうびとして一緒に遊んでやるという訓練の仕方は、テリアには適切ではない。テリアでは、静かに落ち着いた訓練をおこない、報償としては楽しく遊ぶのではなく、優しくなでたり食べ物を与えるほうが良い結果が得られる。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ペットとの共生社会実現をビジネスを通じて行う

「ビジネスを通じてペットとの共生社会実現」に努力しているユニークな店や会社があります。2005年7月、東京都世田谷区が「人と動物との調和の取れた共生推進プラン」を策定しました。これは前年6月に施行した …

no image

独立心の強い、決断力があり、おとなしく、頭がいい犬

犬種別の気性や知能についてとなると、これらの本は事実をゆがめ、良くみせかけようとする傾向が一般的であるようだ。ダンディ・ディンモント・テリアを例にとってみよう。これは訴えるような深々と輝く目をした個性 …

no image

ハムスターは回し車で運動不足を解消してあげよう

ドワハムは野生の状態では1日に数キロも動き回る活発なハムスター。そんなドワハムを、野原に比べると異常に狭いケージで飼っていると、運動不足からすぐ肥満ハムになってしまいます。ケージのハウスは、通気性や保 …

no image

ハムスターの臭腺の化膿などに気をつけよう

・ハムの臭腺 臭腺の分泌物は、長鎖のエステルやアルコールの同系列の異成体が主な成分です。ハムの臭腺は、オスのほうがメスよりも発達しています。ドワハムの匂いづけは、歩きながらお腹をこすりつけるようにして …

no image

迷子になったコリーが一度もおとずれたことのない新しい家にたどり着く

ペットが一度も行ったことのない家に帰るという能力はよく聞く能力である。ドッシー博士が示唆している、一カ所に限定されない非局在的精神とは、わたしたちもペットも、個々の精神ということに関していうと、「だれ …