雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

獣猟犬の犬種に与えられた最も重要な仕事

投稿日:

視覚獣猟犬に与えられた最も重要な仕事は、増えすぎたオオカミの駆逐であった。たとえばロシァではオオカミ狩りが武装した猟師たちによって開始された。彼らは毛色も体格も背の高さも完璧に揃った三頭のボルゾイを連れて猟をおこなった。猟師たちが近づく気配を察知すると、オオカミは隠れ場所から飛び出す。取りはずしの容易な引き綱が解かれ、犬たちが一斉に追跡を開始する。ルーキやアフガン・ハウンドは狩猟に使われてきた。

具体的にはカモシカやガゼル、キツネ、野ウサギなどの猟犬である。視覚獣猟犬の中には大王国でも最も背が高く勇敢な犬がいる。四世紀のローマ人は、アイリッシュ・ウルフハウンドの原型であった犬について記述を残している。その隣猛さと勇敢さが愛され、闘犬に使われたことも多かったようだ。巨大なアイリッシュ・ウルフハウンドやスコテイッシュ・ディアハウンドはオオジカ、トナカイのほかライオンの狩りにまで使われた。アイリッシュ・ウルフハウンドは、かつてはオオカミのみならず巨犬なアイリッシュ・エルク(オオジカ)の狩りに使われた。

超大型犬も恐れをなす大きさ

オオジカの体高は一・八メートルで、体高約一・二メートル近くという超大型犬も恐れをなす大きさだった。しかし、大型の獲物が姿を消したため、犬種もほとんど絶滅に近づいた。完全な狩猟では犬がオオカミの首を押さえこんで待ち、猟師の親方が到着してナイフでとどめを刺すことになっていた。しかし、激しい闘いになり、オオカミが犬に唆み殺されることも多かった。似た犬を揃えたのは、外見的な理由だけではなく、実用にもとづいていた。

一頭がほより走るのが速いと、窮地に追い込まれたオオカミが反撃に出た場合、最初の一頭は簡単に殺されてしまうだろう。三頭が同時に獲物に追いつけば、犬のほうが確実に有利である。彼らのおかげで野ジカ、オオジカ、オオカミ、犬ヤマネコはイギリス諸島では絶滅し、ヨーロッパ犬陸のほぼ全域で数が激減した。これらの犬のめざましい働きぶりによって、狩るべき犬型の獲物は生息地から完全に駆逐されてしまった。その結果、犬にもその機能が必要とされなくなったのだった。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の座れのしつけトレーニング

犬の座れのトレーニングでは、カラーを首の上部(顎の際)にかけ、右手でリードを短めに持ちスワレと言いながら真上に引き上げ、同時に左手でお尻を押します。座れの姿勢ができたなら、すぐに褒めてあげます。全て同 …

no image

哺乳類の知能の違いについての学者の見解

犬は人間に近いどころではない。それほどイス族に対して失敬な言い方はないだろう。犬の知能、などという本では、書くことがまるでないだろうとある人のひとりは言った。私たちがたくさんの犬種を作ったことによって …

no image

犬に命令に従う習慣を身につけるきっかけを作る

座れが確実にできるようになったら、犬がほかの命令にも従う習慣を身につけるきっかけに使うことができる。犬の名前を呼んでから座れを命令し、片手を子犬の頭のややうしろに持ってゆく。犬が座ったら、ふたたび少し …

no image

犬は主人のボディランゲージのシグナルを認識する

犬は人間が無意識に発している信号を受けとめている。人間が怒っていると、その怒りが犬に向けられたものでなくても、あるいは人間が感情を表に出すまいとしていても、犬はまるで自分がなにか悪いことをしたかのよう …

no image

軍用犬が戦争で起用された時代

犬の攻撃性を最大限に利用したのが軍用犬である。古代エジプト、ローマ、ゴル、ケルトの人々は、この役目にマスティフを好んで使った。モロシアン犬と呼ばれたマスティフの初期の系統の犬は、およそ一四〇キロの体重 …