雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

重力は消すことができるというアインシュタインの考え方

投稿日:

すべてのものに働く力というのは、すべてのものに働かないとも見ることができる。運動を適当にしてやれば、重力は慣性力や遠心力と同じようにすべてのものに働かない力にすることができる。電車が駅に止まれば慣性力は感じないし、ジェットコースターも回転を終えれば遠心力を感じない。つまり力は消えてなくなっている。

例えば、アインシュタイン自身の考えた説明の仕方によると、エレベーターの箱の中で、ボールを持って立っている人がいるとする。いま、ボールをポンと手から放した瞬間にエレベーターの綱が切れたら、その人もボールもいっしょに落ちます。ということはその人から見ているとボールは落ちない。ボールを手から放しても、手からボールは離れない。ということは、そのストンと落ちていくエレベーターの中では重力は一見、消えたわけです。ボールが落ちないんだから、その人から見て重力は消えている。つまり重力は消してやることのできる力であるという。

どのように動いているかということのはね返り

重力は地球がでーんとあって受けている力で消えも隠れもしないけれど、慣性力や遠心力はすぐ消えてしまう力じゃないかという反論が当然あると思うんです。そんなはかない力とでーんとした地球によって生じている重力が同じものであるわけがない、と。それに対してアインシュタインはどう言っているかというと、重力といえども消せるんだ、消えてなくなるはかない力なんだ、と言っています。

慣性力や遠心力と同じ、消してやることのできる力であるという。慣性力や遠心力が加速度によって生じたり消えたりするように重力も加速度によって消えたり生じたりする力である。アインシュタインはそこで、重力というものは力というよりも、力を感ずる人がどのように動いているかということのはね返りとしてある、というふうに考えるわけです。そう考えることが、一般相対論のスタートになっているんです。電気や磁気の力は加速度を増しても消してやることはできないけれど、重力は消してやることができるというわけなのです。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

電気の力がなぜ働くのか

電気の力がなぜ働くのかと言うと、電場というものがあるからです。それと同じように重力にも重力場というものがあり、それが力を伝達しているわけです。引っ張られるということは、力が及ぶということです。移動する …

no image

考案された粒子加速器という巨大な実験装置

十兆分の一(km)センチメートルなどという陽子や中性子の極微の世界を、われわれはどのようにして調べるのだろう。天然に存在する放射線が持っているエネルギーでは、原子の中に入って原子核に衝突するのが限界で …

no image

時空のミクロの構造はいっそう明確になる

あるべき姿と現実とのずれのなかに、これらの力の区別が生じた原因が求められるようになるかもしれない。きれいな星空の下での宇宙の話がこんなことになったのでは、台なしかもしれない。自然界には重力のほかに、電 …

no image

反物質というのはいま加速器でつくられますから

反物質というのはいま加速器でつくられますから、地上でいくらでも実験できるわけですが、物質と反物質がいっしょになって消滅するときのぐあいはこと細かに分かってる。そのときガンマ線が非常に強く出るということ …

no image

スカイラブの打ち上げの一分後

宇宙の実験室、と呼ばれたステーションは、軌道作業室、多目的ドッキング用結合部、太陽望遠鏡台座の三層からなり、宇宙飛行士たちの居住区である軌道作業室は二階建てで、内部の広さが二百七十立方メートルもあった …