雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

重力の観念-観察する人の運動状態によって変わる

投稿日:

重力は観察する人の運動状態によってあったりなかったりするいい加減な力なんだとアインシュタインは考える。重力がすべてに働く力だからそうなる。電気の力は電気を持ったものにしか働かないです。そこがものすごくちがうところです。重力はすべてに分けへだてなく働く力だから消してやることができる。

ふつうわれわれは地球という途方もない大きなものに引っ張られているので重力を感じているというように理解しています。ところが一般相対論は、そういう理解の仕方をしない。重力なんてあってなきがものであって、綱が切れてストンと落ちているエレベーターの中では感じない。無重力状態です。

「特殊」相対論と「一般」相対論のちがいですが、一般というからには特殊ではないということです。いま運動状態によって、という言い方をしましたが、特殊相対論のときの運動は等速運動つまり相対速度が一定の場合の話ですが、一般相対論ではそれが一般の加速度運動している場合の話なんです。

地球に対して静止して見ているか

重力は、地球に対して静止して見ているか、落下しながら見ているかによって生じたり消えたりする。ということは重力というものは本来そこにちゃんとあるものではなく、どういう運動をしているかによって相対的に決まってくるということなんです。重力に対する見方をこのように変えた、これが一般相対論のポイントです。動いている船でも止まっている船でもものが真下に落ちるというときの動いている、というのはみな等速運動のことです。

一定の速度で動くんじゃなくて速度の大きさがどんどんかわるような、そういう運動をしてみると重力が消えたり、逆にもともと何もないところで重力が発生したりする。だから、重力というものを、何か厳然としたものが引っ張っている力と見るのではなくて、どのように運動しているかによって相対的にあらわれてくる力である、そのように考えるという立場で理論をつくりかえたんです。等速運動が「特殊」なものであると考えたわけです。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

NASAのマーキュリー計画

午前九時三十四分、点火。三分後、燃料を費消したブースターが切り離される。さらに数分後、カプセルは高度百八十七・五キロに達し、そこで逆推進ロケットが噴射される。カプセルは急激に降下を始め、高度六千三百メ …

no image

ジョージ・ガモフのなかで

当時の編集長チャンドラセカールは、事情を調べて、ペンジャス、ウィルソンの論文と同時に出させるようにした。前記『ジョージ・ガモフ』のなかでアルファーとハーマンは、この発見は自分たちが若いときに展開したガ …

no image

光電効果と光の粒子説などの発表

一九〇五年では無名の新人が登場した。それはアインシュタイン。驚くべきことに、彼はこの一九〇五年に相対論の論文以外にもう二つ有名な論文を、それぞれちがった分野で書いているんです。相対論とはあまり関係のな …

no image

量子力学の現象の記述の仕方

初めの宇宙にはいろいろな可能性が混じり合っていた。こっちを通った確率はいくら、こっちを通った確率はいくらと言う。そこで起こっていることは、電子がこっちを通った状態と、こっちを通った状態とが重なり合って …

no image

ブラックホールの重力の大きさやその影響

突然、新聞、雑誌にブラックホールという言葉が登場し、またたく間に知られるようになった。ブラックホールというのは、星の終末でできるものにしろ、宇宙全体のことではなくて、ある局所的な出来事なんです。だから …