雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

順応力-犬の知能を考える場合

投稿日:

犬の知能を考える場合、私たちは訓練用の囲いや競技会のリングでむずかしい服従訓練を立派にやり遂げる犬を連想することが多い。そして警察犬、盲導犬、牧羊犬、捜索犬、救助犬など、高度な訓練を積んだ犬が、賢くも見事に複雑な仕事をこなす姿を思い浮かべるだろう。犬がある特定の命令を理解し正確に反応するとき、そこには顕在的な、計測可能な知能の非常に重要な一面が示されている。

主人の号令や合図にじっと注意を払い、与えられた仕事には機敏に、また確実に反応する犬の姿は、犬の知能の頂点を示すかのよう。もし犬が人間のコントロールや命令に反応しなければ、彼らは人間にとって有用にはならず、私たちが評価するような実用的な役にも立たないであろう。高度の学習および問題解決の能力をもつ犬は、当然、作業・服従知能のほうも高いと考えられそうだ。

高い順応的知能をもつ犬の多くが

しかし、実際はそうはいかない。高い順応的知能をもつ犬の多くが、人間が教えこむ服従訓練にあまり反応を示さない。初歩的な服従命令にも、彼らはまったく戸惑ってしまう。知能特性は、犬の服従訓練競技会でも発揮されることになる。犬は人間の指示に従って学習した内容を披露する。この知能次元は、明快に服従知能、と呼ぶことができる。しかし、これはリーダーの統率の下に実生活で仕事を遂行する上で必要となる知能でもあるので、作業知能、と呼ぶこともできよう。

その一方で順応的知能がさほど高くなくても、正しい訓練を受ければ、見事に命令に従い、複雑な芸当や仕事をこなせる犬もいる。犬が人間の指示に従って効果的に作業をおこなうには、少なくとも特定の命令がいかなる行動を期待しているかを読みとる順応的知能が必要である。経験を積んだ犬の訓練士たちは、競技会用の高度な服従訓練で最もむずかしいのが、まずなにが期待されているか犬に理解させることだと言う。特定の言葉や合図が意味するものを解読すること自体が、犬の側からすれば、解決すべきひとつの問題だろう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

聖書などの犬に関する肯定的な物語

キリスト教と犬キリスト教では、大体においてユダヤ教の犬に対する否定的な見方が受け継がれた。しかし、聖書の教えが民間伝承される中でその影響が薄められ、犬に関してもたくさんの肯定的な物語がみられる。グラナ …

no image

犬と宗教についての新しい情報がもたらされた

アズラエルの奴は命をひとつ取るたびに(それがまず第一に彼本来の使命だからね)、自分のリストから名前を消していく。で、そのときに、もともと犬が好きなためか、あるいは彼らの勇敢さに免じてか、天使は犬の飼い …

no image

犬の制御不可能な状況に対する反応を測るテスト

社会的優位度テストで、犬の制御不可能な状況に対する反応を測るものがある。このテストでは、犬は自分ではまったくコントロール不可能な状況に置かれることになる。このテストでは、犬を持ちあげる(子犬のほうが良 …

no image

犬の学習能力や問題解決能力が優れていれば

犬の知能の程度と性質を査定する最良の方法は、犬が自分たちのために、あるいは人間のためにはたす役割の中で、その知能がどのような形で示されるかを観察することだろう。この査定から、三種類の顕在知能、つまり完 …

no image

犬と民間信仰に関する言い伝え

民間信仰と犬に関する言い伝えの中には、あまりにも一般に広く浸透していて、特定の宗教に区分しがたいものもある。犬の遠吹えは死の前兆だとされることが多い。犬を死と結びつける話はたくさんある。悪魔と守護天使 …