雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

ジュネーブ第四条約がイスラエルの占領地に適用されることは

投稿日:

二〇〇〇年一二月、ブッシュ政権は、欧州連合が提出した安保理決議に拒否権を発動して、諸外国を晒然とさせた。決議は、アメリカのミッチェル報告の実施を求め、国際的な監視団を派遣して暴力に終止符を打つことを呼びかけたものだった。拒否権を行使する一〇日前、ジュネーヴ条約の主要締約国が、占領地の状況の見直しを求めてジュネーヴで開いた会議を米国政府はボイコットした。ボイコットはいつものように二重の拒否となった。

監視団の存在はパレスチナによる暴力行為を減らすかもしれないが、それによりイスラエルの鎮圧行動とテロにも支障が生じるから、イスラエルは監視団の派遣に対し頑強に反対していた。決定は阻止され、この出来事はほとんど報道されず、歴史から消去されたのである。

会議はアメリカが資金援助するイスラエルの入植活動を再び非難し、故意の殺害、拷問、不法な強制退去、公正な裁判を受け権利の故意の剣奪、所有地の広範な破壊と公用徴収など、不法な形で理不尽に実践された行為を糾弾した。
会議は占領地に対してジュネーブ第四条約が適用されることを再確認し、それによってこの地域でアメリカとイスラエルがとっている多くの行動が、アメリカの国内法で戦争犯罪に該当するようにした。

さまざまな機会に繰り返し確認され

ジュネーブ条約がイスラエルの占領地に適用されることは、さまざまな機会に繰り返し確認され、ジョージ・ブッシュ国連大使(一九七一年九月)も、安保理決議もそれを確認している。ジュネーブ第四条約は、占領下のヨーロッパでナチスが行った犯罪を正式に刑事罰の対象とするため制定され、国際人道法の核となるものだ。

その中には、例えば全会一致で採択された決議四六五(一九八〇年)のように、アメリカの支援を受けたイスラエルの行動はジュネーヴ条約に対する目に余る違反だと非難したものもあれば、決議一三二二(二〇〇〇年一〇月)のように、一四対〇(米国は棄権)で可決され、イスラエルにジュネーヴ第四条約のもとできちんと義務を果たすことを求めたものもあった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカとその顧客国イスラエル

カドゥーリは爆撃まで原子炉で実験作業を担当していた人物で、後に国外へ脱出した。彼もやはりオシラク原子炉はカドゥーリは、イラクが兵器級の原料を必要なだけ確保できるまでに数十年かかると予測した。ただし、爆 …

no image

イスラエル国防軍がどれほどの弾丸を発射したかの調査を依頼

著述家や論評者はイスラエルの他の時事解説者と共に、総意の形成の深刻な危険について警告した。それによればイスラエルの状況で民主義的な配慮は警沢であり、ファシズムの徴候があるとされる。とりわけ注目に値する …

no image

国連が指令した場合の戦争への支持率はまちまちだった

国連が指令した場合の戦争への支持率は、一三%(スペイン)から五一%(オランダ)までまちまちだった。ギャラップ・インターナショナルから入手した調査結果と、東西ヨーロッパのほとんどの国の現地情報によれば、 …

no image

コロンビアの内戦は極端な貧困と暴力が豪延する悲惨な歴史に深い原因

コロンビアで最も有力な人権団体は強制移住させられた住民の数を二七〇万人と見積もっており、それが毎日一〇〇〇人ずつ増えているとする。その推計によると、二〇〇二年には一月から九月までの間に三五万人以上が暴 …

no image

核戦争の回避

政治的影響は、超大国間に慎重さに基づいた事実上の連携ができあがったこと。両超大国は、激しいイデオロギーの相違があったにもかかわらず、1つの共通する重要な利益を見出した。つまり、核戦争の回避である。 核 …