雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

高価なジュエリーはリフォームしてしまおう

投稿日:

・高価な宝石類は捨てずにリフォーム

死蔵品は捨てるというモノの処分の鉄則も、宝石類にだけは当てはまらない。ジュエリーは捨てられないアクセサリーの代表だ。たとえば、婚約指輪でもらったダイヤの立て爪指輪が、今ではどうもやぼったくて、もってはいてもはめることがないというなら、死蔵品にしておかないで、そのダイヤを使った新しいデザインにリフォームしてもらえばいい。この手法で、男性用カフスリンクがイヤリングになったり、ネックレスが、チョーカーとプレスのセットに生まれ変わったりできる。これが、本物の宝石のいいところだ。

大活躍のマグネットピンとして再利用

・ブローチだったらこう処分する

留めピンが折れて、細工部分だけはきれいに残っているがリフォームするほど上等の宝石ではないから捨てるしかないプローチ。透明プラスチックの熱帯魚形とか、花びら形のビーズを組み合わせてカラフルなバラのプーケに仕立てたといった、子供っぽいブローチ。これらの裏のピン台をはがし、代わりにマグネットを接着剤で貼り付けると、キッチンなどで大活躍のマグネットピンとして再利用できる。是非あなたも実践してみよう。

時期がきたら処分の決断を忘れずにすること

・捨てるには惜しいバングルはこう使う

ひと目見ても傷みがひどいのがわかるようなものなら、当然捨てるべきだ。バングル(腕輪)は、肌に直接触れるだけに、汗で汚れやすく、アクセサリーのなかでは傷みが早い。しかし、困るのは、まだ使えるのだが飽きてしまったというものだ。使わないものは捨てる。これが鉄則ではあるが、決心するのにもう少し時間が欲しいというのであれば、とりあえずほかの用途で使っておいて様子を見てみるのもいいだろう。たとえば、手芸用にとっておく端切れを丸めたものを留めるものにしたり、ナプキンリングとして使ったり。ただし、このとりあえずが長期間にならないよう、時期がきたら処分の決断を忘れずにすること。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

トイレの床の黒ずみなどの掃除方法

・トイレの床(クッションフロア) マットを敷いている場合は、週に一度は洗濯しましょう。ヒビもはがれも早めに補修をモルタルの外壁は、ヒビが入ったり、一部がはがれたりしやすいもの。放置すると、ここから雨水 …

no image

油絵が汚れるようになってきた場合のきれいにする方法

・古い油絵が、かなり汚れてきたのですが、きれいにできないでしょうか? ガラスの入っている額縁にすると汚れを防ぐことができます。大家の作品などなら、画商など専門家にまかせる方がいいでしょう。油絵の場合、 …

no image

シャワーヘッドやホースの交換方法

へッドやホースが傷んだときは、新しいものに取り替えます。ネジが合わないときは、別売りまたは付属のアダプターを間に入れて取り付けます。取り付けときは金具を傷付けないよう、布を当ててプライャーを使うなど注 …

no image

不用品の処分候補は1年以上使ってないもの

・一年以上使ってないなら不用品と考えよう 処分する候補の一番手は、箱に入ったまま、一年以上も手つかずになっているもの。結婚式の引き出物や景品でもらったマグカップ、百円ショップでつい買った器など、いつの …

no image

子供用の収納グッズを自分で作る

・子ども用収納グッズを作ろう 小さいものをゴチャゴチャにすると、部屋や玄関はとても散らかってしまい、雑多な印象になるものだ。おもちゃ、へアピンやゴム類など、子供ものものはどれもこれも小さくてかわものば …