雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

上手な文章の書き方のコツ

投稿日:2015年4月16日 更新日:

わかりやすくてうまい文章を書くコツのひとつは、カタカナ語をなるべく使わないことです。理由はいくつかあります。あげてみます。

・知らない力タ力ナ語があると、意味をまったく理解できない。
・英語の単語を並べた造語では、まったく違った意味に受け取られることがある。
・理解できても英語の理解度に差があるため、正確な意味が伝わらない。
・中学生以上でも、みんなが英語を理解できるわけではない。
・知らない英語が多いと小学6年生が理解できない。

このような例では、わかりやすい文章からはほど遠くなります。

とてもうまい文章とは呼べません。パソコンでは一括変換させ、おくりの多い変換文字を選ぶだけですから、かんたんなはなしです。ホームページの文章や、メールの文章でも大いに役立ちます。その方法とは、ひらがなのおくりを多く使うことです。むずかしい漢字を使わず、なるべくひらがなで書くためのコツというか、法則があります
それは漢字がつづくことばの場合、頭だけ漢字を使う方法です。

社内文書や商取引用の文書では

社内文書や商取引用の文書では、慣習的に漢字を使うことばが多くあります。漢字がつづくことばだからといって、一文字だけ漢字にしてあとはひらがなにすると、かえっておかしい場合もあります。そんなときでも、読みやすくする方法があります。英語その他の外来語をカタカナ表記して使う、日本語を英語に換えて表記する、日本語と英語を組み合わせた造語、それに英語の単語を並べた造語に分類できそうです。

いずれも、いわゆるカタカナ語と呼ばれています。書き手が意図している表現内容が、読み手側に正確に伝わらなくなり、誤解を招きます。このほかにも楽しいライフなどライフを使った文章をよく見かけます。これは、英語ペラペラさんからみると、意味が違います。ライフとは生活という意味もないわけではありませんが、生きるとか生存とか命にかかわる切実なことに使われるのが一般的です。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ホームページコンテンツを決める-具体的な内容

商品の付加的情報とは、たとえば食品ならばレシピ情報であったり、店主の趣味的情報であったりする。要するに、このページは店主との会話を楽しむページということになる。項目にオリジナル性が生まれてくれば、他店 …

no image

商品説明の文章は現物をイメージできるものにする

現物をイメージできる商品の説明。商品の説明は、短く、わかりやすく、実物のイメージを正確に伝えることを心がけます。基本情報として、商品名、価格、サイズや容量、家電であれば、メーカー名、衣料品であれば色、 …

no image

コンテンツのリストはできるだけ見やすい構成にしよう

~コンテンツのリスト~ トップページは、メニューとしての役割ももっています。何を優先して読んで欲しいのかを考えながら、スペースや配置を考えます。アピールしたいコンテンツが下層ページにあるのであれば、積 …

no image

ネットでショップ-ショッピングバスケットなどの注文方法の紹介

ここでは、ネットショップでの注文方法をご紹介します。 ・ファクシミリ・電話 お客によっては直接電話をしてからではないと安心できない方や、会社からアクセスしている方、メールアドレスを自分で持っていない方 …

no image

リニューアルの効果測定とPDCAの実践

・リニューアルの効果検証とPDCAの実践 指標の推移を確認する設定した指標がどのように変化しているか、時系列をもとに確認できるようにフォーマットを作成します。もっとも重要視している指標とサブとなる指標 …