雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

上級セダンの価格設定は気をつけて見ておこう

投稿日:2014年11月6日 更新日:

各グレードの買い得感が平均化されていれば使う目的や好みに応じて選べば良いが、グレードごとに割安感の違うクルマがあるから難しい。差を付ける理由は、特定のグレードを割安にすれば車種全体が買い得な印象になり、生産の合理化も図りやすくなるからだ。国産車では、ほとんどの車種にグレードが設けられている。エンジンや装備に応じて複数の仕様をそろえているわけだ。

税込み表示になって少し状況が変わったが、新型車では199.5万円とか249.9万円など、切りの良い数字よりも少し安い価格に買い得グレードを設定する場合が多い。もっと高額になるところを割安感の演出のために引き下げる。コンパクトカーやミニバンでは、CDオーデイオや電動格納式ドアミラーといった実用装備を充実させながら、価格を抑えたモデルが買い得グレードとなっている。

コンパクトカーやミニバンでは、下から2番目くらいのグレードを割安にする車種が目立つ。商品だからたくさん売れるような価格にするのは当然だが、高級セダンの上級グレードには著しく引き上げている場合があるから注意したい。

車の買取査定を上げる色々なポイント

価格の割安感を計算したりしないだろう

ひどいケースになると、その中級グレードに上級グレードが標準装着する装備をオプションでー点加えると、それ以外の装備も網羅する上級グレードの価格を上まわるものさえある。このような設定にするなら、なまじオプション設定などにしないで欲しい。

装備を価格に換算すれば25万円前後の上乗せで済むところを、45万円以上も高くするようなケースもある。その背景には、高級セダンで最上級グレードを買うユーザーは、価格の割安感を計算したりしないだろうという読みがある。ハッキリいえば、ユーザーを軽く見た価格設定だ。

よく確かめないで仕様を決めると、上級グレード以上の金額を支払って装備の欠けている中級グレードを買うハメになるのだ。このようなワナを回避する方法は、グレード間の装備の違いを価格に換算すること。

同じクラスに属するライバル車のカタログも交えながら見ていくと、グレードによって差が付く装備の相場が分かってくる。最近のカタログには、メーカーオプションの価格が掲載されているから参考にすると良いだろう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

レガシィツーリングワゴン-4WDの技術が注目された人気車

・レガシィツーリングワゴン それまで日本には商用のバンはありましたが、本格的なワゴンはありませんでしたが、レガシィツーリングワゴンは日本にワゴンのジャンルを開拓したクルマです。こんな状況下でスバルのレ …

no image

プリウスの燃費をさらに上げる実践的テクニック

プリウスはCO2を大幅にをカットする。CO2を大幅にをカットするということは燃える炭素の量を減らすということであり、それは消費するガソリンの量を減らすこととイコールなのだ。燃費は、カタログではかなり良 …

no image

車の個人売買-掲示板などで購入する際の注意点

雑誌などでよく見かける、売ります&買いますのコーナーでクルマを購入する方法だ。どんな激安店よりも確実に安く手に入れることができる。確かにこれは安い。ー円でも安く!と考える人が最後にたどり着くの …

no image

ミニバンの3列目乗り心地が窮屈なことが多い理由

全高を1700以下に抑えたモデルの大半は、3列目シートの座り心地が窮屈だ。理由は床面の処理。 この全高のミニバンでは、床の前側を持ち上げて平らにする構造にはなっていない。セダンと同じような造りだから、 …

no image

中古車雑誌のウソ・ホント-広告主が神様でユーザーは2番

広告主が離れてしまう企画内容を作るわけにはいかない。中古車雑誌は彼らのために作られているというのが実状に近い。あまり大きな声では言えないが、中古車情報誌は広告主が神様だ。広告主とは、広告料金を払ってく …