雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

宇宙行士二期生九人のなかから若手のジョン・ヤングが指名された

投稿日:

ジェミニ計画は、諸問題についての解決策や安全策を見つけ出すための、まさにアポロ計画の先導役を担っていた。ジェミニ計画での最初の有人飛行は、一九六五年三月二十三日、宇宙飛行はマーキュリー計画で、二番目に弾道飛行を経験しているバージル・グリソムと、新たに選ばれた宇宙行士二期生九人のなかから、若手のジョン・ヤングが指名されていた。

一週間以上に及ぶ無重力の生活は、人体にどんな影響を与えるのか。興味深いところである。その他、地球大気圏へ再突入する際の制御の問題、宇宙飛行士の精神的疲労度の問題など、何もかもが人類にとって初めての経験である。

以前、新しく開発された二人乗りの宇宙船と打ち上げロケット・タイタン=のテストのために、無人のジェミニ1号、2号が打ち上げられて満足できる結果を得ていたが、有人飛行は実に二十二カ月ぶりであった。

人類が初めて経験する宇宙遊泳

人類が初めて経験する宇宙遊泳。レオーノフと宇宙船を結ぶのは長さ四・八メートルの一本の命綱だけで、彼は無重力の宇宙空間を楽々と動き回り、逆立ちやトンボ返りなどもしてみせた。時間にしておよそ十分間、それらの様子は地上に電送され、世界中に放映された。

ジェミニ3号の打ち上げが五日後に迫った三月十八日、ソ連はアレクセイ・レオーノフ宇宙飛行士を乗せたウォスホート2号を打ち上げた。それは明らかにNASAの計画を見越しての打ち上げであり、何か新しい試みの予感があった。そしてその予感どおり、宇宙船がソ連上空にさしかかった二周目、レオーノフは宇宙船の外へ出て行った。

アメリカの鼻先をかすめてのソ連の宇宙行事であった。しかしそれが、以前のようにアメリカを切羽つまった気持ちにさせることはなかった。月飛行競争でソ連が先行しているかもしれないという予測はあったが、当面重要なのはジェミニ3号の成功である。もしこれに失敗すれば、遅れ遅れになっているアポロ計画そのものの見直しが迫られる。アメリカが世界に約束した月飛行の期限は、あと四年余りしか残されていないのだった。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

宇宙を支配する4つの力の誕生

物質粒子と反物質粒子の数の非対称性は、専門家の間では、「CP不変性の破れ」、あるいは単に「対称性の破れ」などと呼ばれています。宇宙の膨張はその後も続き、宇宙誕生から一〇〇〇億分の一秒が過ぎ、宇宙の温度 …

no image

膨張、収縮、いずれの段階も時間はふつうに考えられている

膨張、収縮、いずれの段階でも、時間はわりあいふつうに考えられています。ふつうの時間の経過の中でそういうことが起こっていくという考え方です。たとえば、今度は銀河系が近づいてきますから衝突して、バラバラに …

no image

ガリレオが地動説の理由の立証に尽力を尽くす

ガリレオは当時としては驚異的な性能をもつ天体望遠鏡をつくり出し、夜空の星々を観察しました。木星の匹大惑星イオエウロケカニメテオリフトの発見や金星に満ち欠けが存在することの発見、太陽の黒点移動の観察など …

no image

星の核融合反応

星の核融合反応といいますと、近いところでは太陽の中心でそれが起こっていますが、はじめ星は星間にある雲のようなものからできる。それが重力で固まり、固まると物が落ちてくるので、落ちてきた物質を受け止めなが …

no image

虚時間領域(無の世界)はトンネル部分に相当

我々の宇宙が誕生する前に何があったかと問うのは、北極の一km北はどこかと問うのと同じようなものだとホーキングはいっています。我々の宇宙の時間(実時間)はこの宇宙のなかだけで定義できるもので、虚時間の世 …