雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

女医研修医の出産時の笑えないセリフとは?

投稿日:2015年4月30日 更新日:

なんとか無事男の子を出産し、ホッとした翌朝のこと。Aさんが初めての子どもを出産したのは、都内の基大学病院間際まで自然分娩するつもりだっだが、破水した段階で骨盤が狭くてどうにもならず、急きょ帝王切開となった。ワンレンの髪をいちいちかきあげる仕草は、どうにも医者らしくない。元来そういった甘ったれ風の女が苦手のAさんは、この、大っ嫌いな女優そっくりの女医にイライラ。ベッドの上でウトウトしていると、回診にやって来たのは驚くほど若い女医。どうやら研修医のようだ。

ところがこの女医さん、やたらニコニコしながら上目使いに人を見るところは、最近テレビに登場する泣き顔女優、のよう。私、大学に入る前まで、赤ん坊って生まれて空気に触れたら、ふくらむものだと思っていたんですよ本気で。ええ、本気で。バカみたいでしょう?バカみたいじゃなく、それじゃ本当のバカだ。ただでさえ突然の帝王切開に面食らっている上、麻酔が切れたばかりで少々傷も痛む。

女医さんはニコニコしながら

Aさんのそんな思いとは裏腹に、女医さんはニコニコしながら、こっちにやって来てAさんに声をかけた。私って、帝王切開が大好きなんですう。だって、信じられませんよね。赤ちゃんがおなかを切らずに出てくるなんて。スゴイと思いませ~ん?驚いて口も聞けないAさん。信じられないのはオマエだ!Aさんの怒りは爆発寸前である。怒りを鎮めたあと、Aさんが例の打ち明け話につい婦人科婦長にご注進したとき、婦長はガラにもなく青くなっていたから、彼女もかなりのお目玉を食らったかもしれない。

だって、彼女が真に産婦人科医を目指すとしたら、この大学病院のコケンにも関わる問題である。まったく、なぜ彼女がそんなことをわざわざ言いにきたのか、その真意がわからない。人が帝王切開で落ち込んでいるのをなぐさめているつもりなのだろうか。そのとき以来、その女医の姿をAさんは見ていない。帝王切開が好きでもなんでもいいけれど、ちゃんと産道を通って生まれてくる赤ちゃんを、フーセン呼ばわりするなんて・・。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

指の関節の痛みの原因について

指の関節が痛いと悩んでおられる方は多いですが、その原因は様々です。指の関節が痛くなると、日常生活に支障をきたすこともあるので、早期に治療をしたいものです。 指の関節の痛みの原因の多くは、負担のかけすぎ …

no image

脂肪肝とは?痺せたりお酒をやめれば元どおりになる-用語集

医者が病院で使っている用語はたくさんあるが、その中でいくつかの用語を紹介していこう。 ・シボーカン(脂肪肝) シボーカンというのは、「死亡肝」ではなく、たんに肝臓に脂肪が溜まったにすぎない。ちょっと体 …

no image

床屋の白衣が招いたある誤解

ある理髪店では、順番待ちをしている人たちがいた。しかし、突然、「これはたいへん」と店主のAさんは店を妻に任せ、急いで隣にある市立病院へ客を担ぎ込んだ。患者はさっそく外科に運ばれ、診断の結果、急性虫垂炎 …

no image

研究のための研究-先見性や医学の進歩など関係のない世界

多くは海外の研究方法や新しい医療器械をどこよりも早く導入し、それをあたかも自分の研究のようにしてやるのが普通である。それを十年近くやっていれば、誰しもその道の専門家として見てくれるようになる。そこには …

no image

インフルエンザに感染の場合の自然免疫応答

私たちがインフルエンザに感染してしまった場合の自然免疫応答は、ウイルスが体内侵入したことを感知することから始まります。 第一段階がウイルスの侵入を感知することにあります。私たちの体は、必死にウイルスの …