雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ジャッカルと犬の間の動物的交雑

投稿日:

ジャッカルと犬のあいだの交雑は、人為的に、自然な形でも頻繁におこなわれてきた。古代エジプト人は、異種交配の試みについて詳細に記録を残している。犬に関する浮き彫りや象形文字や絵画は、紀元前三〇〇〇年にまでさかのぼる。初期のファラオ・ハウンドとしては、紀元前一三五〇年頃に上下エジプトの支配者であったツタンカーメン王が所有していた例が知られている。その犬の名前さえ、アブウィティュウとして残っている。

ジャッカル犬を飼うのはジャッカルの頭を持つアヌビス神を崇めることに通じ、幸運をもたらすと考えられた。生物学者たちは犬とジャッカルの交雑が、現在ファラオ・ハウンドと呼ばれる犬種の進化をうながしたと考えている。アヌビスは死者の神で、価値ある者に死後の世界で永遠の幸を与えるとされていた。ツタンカーメンはこの優美な猟犬がガゼルを見るとうれしがって飛び跳ねるさまを見て喜び、狩りにはこの犬をともなった。

腐敗を防ぐ油薬を塗って葬られた

犬はアヌビス神の前で崇められるように、香をたきしめられ、腐敗を防ぐ油薬を塗って葬られた。犬が死んだとき、王は貴族にふさわしい様式で埋葬するよう命じた。一九二二年にルクソールの王家の谷で、ハワード・カーターとカーナヴォン卿が発見した墓である。犬の像と思われるものが、ツタンカーメン自身の墓の入口近くに残っていた。犬の家畜化は単純な行程を経たものではないと考えられ。おそらく人間たちはさまざまな時代に、さまざまな場所で犬を家畜化したのであろう。

家犬の祖先や原型に多くの可能性があり、イス科のさまざまな動物の生態や行動に共通点が多いと、犬の本当の祖先をはたして特定できるものだろうか。生物学者の中には、確実なことはわかりえないとする人々もいる。しかし、最も妥当と思われるのは、家犬が、程度の差はあれ、あらゆる野生のイス科動物の遺伝子を受け継いでいるという説であろう。おそらくそうした家畜化は、多種のイス科動物にわたって始められたと思われる。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ハムスターの体の各部の特徴や機能

・視覚 色に関して、おそらくはモノクロにしか見えてないだろうといわれています。ハムスターは極度の近眼で、目の前にあるものもよく見えないよう。とくに対象を立体的にとらえるのが不得手。でも、彼らは夜行性の …

no image

ペットショップが業界の本流として成長するためには

ペットショップが業界の本流として成長するためには、次の経営改革が課題になるものと思われます。T武装、すなわち情報システム化です。例えば、犬、猫を販売する際の説明責任を果たすためには、その犬がどのブリー …

no image

犬の行動欲求や性質などを知っておこう

犬の行動欲求や性質などを知っておこう。犬は常に誰かとかかわっていたい動物。声をかけた触れたりして、コミュニケーションをたっぷりとることが大切です。また散歩中によその犬と遊ばせたり、飼い主さん以外の人と …

no image

ハムスターを冬眠させてしまうと死んでしまうことも

ハムの冬眠はシマリスなどと比べると浅い眠りだといわれ、疑似冬眠と呼ぶのが正しいという専門家もいますが、ハムスターは冬眠をする動物として知られていますが、その実態はまだ研究中らしいです。中途半端な冬眠に …

no image

ハムスターに元気が無い場合

ハムスターに元気がない、眠ってばかりいる、食欲がないなど、明らかになんらかの病気が疑われるとき、人間用のかぜ薬などを与えてしまう人がいます。でも、これは絶対にやめてください。人間用の薬でドワハムに与え …