雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ジャケットでレディースにおすすめのデザイン

投稿日:

ジャケットこそ、シーン別に中途半端なものを数着揃えるより、本当に気に入った、応用のきくものを一着選びましょう。そうそう何着も買えないジャケットは、通勤・休日と、どちらのシーンでも着られるデザインを選びたいものです。

大人の女性におすすめしたいのは、ダブルフェイス素材のジャケットです。通常のジャケットですと、裏地をつけるぶんだけ重くなりますが、ダブルフェイス素材を使用すると軽やか。この素材は通常の生地素材と違い、二枚の布を張り合わせたり、二重織りにしてあるので、表裏がありません。

まろやかな風合いは、女度をグンと上げるようなリッチ感があります。ハリもあって型くずれしにくく、シルエットも美しい。中でもカシミアのダブルフェイスは、軽いのに暖かて、肩が凝ることもなし。ただし、この軽やかさ、そしてかつエレガントな雰囲気を保つためには、身体にジャストフィットしていることがとでも大切になるのを、お忘れなく。

襟がついていることも重要です

また、襟がついていることも重要です。というのも、襟がついているときちんと感がでるので、オフィスでも使用できるから。ウエストの部分で切り替えがあるのもおすすめ。これには、足が長く見える効果があります。バブル期に流行ったような長めのシルエットは、もう過去の遺物です。重要なのは、お尻が半分くらい隠れる長さであること。また、ベルトループがついていないものが便利です。ループがついていると、必ずベルトをしなければならなくなるので、応用がきかなくなってしまいます。

生地に十分、高級感や主張があるので、ボタンや飾りは控えめに、シンプルなデザインにこだわってください。色は、あえてサンドベージュをおすすめします。襟がついていると、お休みの日に使えなさそうという声が聞こえできそうですが、しなやかな素材なので、かっちりしすぎた雰囲気とは無縁なんです。たとえば、Tシャツにジーンズのコーディネートに羽織る場合でも、襟を立たせたりすると、着くずした、こなれた感じになります。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

パンツの選び方-もしかしたら一本しか出合えないかもしれないもの

プロでも似合うものを見つけるまでには、何本ものパンツを物色するようです。合うものをなかなか見つけられない女性に、どこそこのあのパンツがいいわよと、アドバイスできればいいのでしょうが、パンツ探しは自分の …

no image

自分だけのベルトを作る-つくるよろこびを味わいたい方におすすめ

・自分だけのベルトをつくってみる ジーンズをはくことがありますか?私なんかも毎日のようにはいています。ジーンズを上手にはくのに欠かせないのが、幅広の、しっかりとしたべルト。今どきジーンズをはかない人は …

no image

ドライクリーニングの料金の請求書を見ると思わず凍りつきそうになるものだが

ドライ・クリーニング業者としては、より安全な代替品に切り替えたくても資金がないのが実情だ。顧客はドライ・クリーニングの請求書を見ると思わず凍りつきそうになるものだが、どうも業者が大儲けしているわけでは …

no image

ワーキングマザーもブランド物のバックを購入できる

エルメスのバーキン。さすがですよね。いままでも、そしてこれからも、いろんな場面で重宝するでしょうし、丁寧に扱えば、将来娘が大人になったときに譲ることもできます。これなら、一二十代のときに購入しておいて …

no image

厚底靴ブームに起こった悲劇

一九九〇年代の終わり頃から二〇〇〇年代初めにかけて日本を席巻した厚底靴ブームは、数多くの情けない事故を生んだが、なかには死者の出たケースもあった。一九九八年八月、東京の青葉学園短期大学でアパレル関連の …