雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ジャケットでレディースにおすすめのデザイン

投稿日:

ジャケットこそ、シーン別に中途半端なものを数着揃えるより、本当に気に入った、応用のきくものを一着選びましょう。そうそう何着も買えないジャケットは、通勤・休日と、どちらのシーンでも着られるデザインを選びたいものです。

大人の女性におすすめしたいのは、ダブルフェイス素材のジャケットです。通常のジャケットですと、裏地をつけるぶんだけ重くなりますが、ダブルフェイス素材を使用すると軽やか。この素材は通常の生地素材と違い、二枚の布を張り合わせたり、二重織りにしてあるので、表裏がありません。

まろやかな風合いは、女度をグンと上げるようなリッチ感があります。ハリもあって型くずれしにくく、シルエットも美しい。中でもカシミアのダブルフェイスは、軽いのに暖かて、肩が凝ることもなし。ただし、この軽やかさ、そしてかつエレガントな雰囲気を保つためには、身体にジャストフィットしていることがとでも大切になるのを、お忘れなく。

襟がついていることも重要です

また、襟がついていることも重要です。というのも、襟がついているときちんと感がでるので、オフィスでも使用できるから。ウエストの部分で切り替えがあるのもおすすめ。これには、足が長く見える効果があります。バブル期に流行ったような長めのシルエットは、もう過去の遺物です。重要なのは、お尻が半分くらい隠れる長さであること。また、ベルトループがついていないものが便利です。ループがついていると、必ずベルトをしなければならなくなるので、応用がきかなくなってしまいます。

生地に十分、高級感や主張があるので、ボタンや飾りは控えめに、シンプルなデザインにこだわってください。色は、あえてサンドベージュをおすすめします。襟がついていると、お休みの日に使えなさそうという声が聞こえできそうですが、しなやかな素材なので、かっちりしすぎた雰囲気とは無縁なんです。たとえば、Tシャツにジーンズのコーディネートに羽織る場合でも、襟を立たせたりすると、着くずした、こなれた感じになります。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ヒールが高いのでこけるアクシデントが続出

グッチ。ミラノのショーで、ヒールを履いたイギリス人モデルのミシェル・デスワートが、ステージ上で足首を捻って転ぶアクシデントがあった。いったんは起き上がったもののまた転倒し、あきらめて裸足で歩いたデスワ …

no image

タートルネックセーターの着こなし術

・タートルネック・スェーター(セーター)の着こなし方 タートルネック・スェーター(セーターをスェーターとも言います)は、Vネックと並んで基本的なスタイルですから、たぶん一枚や二枚はお持ちでしょう。素材 …

no image

服はあなたの心理やどんな人間になりたいかを表すシンボル

シーズンごとに新しい自分を作り、自分なりの完璧さを成し遂げられる。それって、洗脳される、ことでもあるんだけどね。私たちはなぜ、こんなバカげたことに騙されてしまうのだろうか?ファッションって、完璧な姿の …

no image

ブレザーの黒を着こなしてみる

・黒のブレザーを着てみる 俗に紺ブレという言葉があるくらいで、ブレザーは紺と決まっているところがあります。紺以外のブレザーを着たことがありますか?着こなし範囲の広さから考えても、ネイビー・ブレザーに人 …

no image

微生物の多くは普通の洗濯で洗い流せるのですが完全には落とせません

パンアフリカン・ニュース・エージェンシーは、他人が身に付けたり毒物にさらされたりした衣類などを着用して重篤な病気にかかる危険を冒している人々が何百万人もいると報じた。この情報筋によれば、衣類は放射能か …