雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

憎悪が募るにつれ、なぜか相手への敬意も募ってきた

投稿日:

スミルノーフがいきなり声をあげる。「これぞ女だこれなら理解できる!ほんものの女だ泣きごともいわず、めそめそすることもない。まるで火の玉、ロケット、火薬だしかし、こんな女を殺さなくてはならぬとは」彼はすぐさま永遠の愛を誓い、妻になってくれと彼女に申し出る。

「もおおおお」彼女がつばを飛ばした。「腹が立ってからだが震えてきた彼の感情の爆発に彼女も怒り心頭に発し、ふたりはたがいに侮蔑の言葉を投げつけはじめる。やがて彼が決闘を申し出る。彼の脳天に穴を開けてやりたくてたまなくなった女性は、亡夫のピストルを取りだし、ふたりはたがいに銃口を向ける。ところが憎悪が募るにつれ、なぜか相手への敬意も募ってきた。そして、惹かれ合う心も。

彼女の召使いたちが女主人を守ろうと斧や熊手を手に客間に駆けつけたところ、目の前の光景に思わずつんのめってしまうーふたりは激しい抱擁の最中だったのだから。

ロミオとジュリエット

欧米社会でこの手の物語といえば、当然ながらシェークスピアの悲劇、ロミオとジュリエットがいちばん有名だ。一六世紀のヴェローナを舞台にしたこの作品に登場するふたりの若者は、モンタギュー家とキャピュレット家という、どちらも有力な一族の苦々しい確執のなかにとらわれてしまう。

逆境と燃えさかる恋心とを結びつける奇妙な関係は、世界中のすばらしい伝説に登場する幸薄き恋人たちに共通している。なんらかの困難に背中を押された恋人たちは、さらに激しく恋の炎を燃やす。

ロミオはモンタギュー家の人間で、ジュリエットはキャピュレット家の娘。それでもロミオは、ある晩警会の席でジュリエットを目にした瞬間、恋に落ち、こう叫ぶ。「あの人は、たいまつを明るく燃やすことのできる人。いままで、この心が恋をしたことがあるのだろうか?誓ってないといえ、わが目よ今害まで、まことの美を見たことがなかったのだから」。ジュリエットもまた、キューピッドの矢に心を射抜かれたのだった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

性的な独占欲がいちばん興味深い

性的な独占欲があるからこそ、祖先たちの貴重なDNAが守られ、愛するだれかのために時間とエネルギーのほとんどを費やすことができた。ところが、性的に誠実であってほしいという衝動とともに、もうひとつ、こちら …

no image

求愛戦略を区別、評価する心の仕組み

わたしたち人間のとびきり上等な精神的、肉体的能力が進化するとともに、求愛戦略を区別、評価する「心の仕組み」、いわば「性選択装置」が誕生したのではないかと考えた。そこから祖先たちは、求愛のシグナルを区別 …

no image

無性生殖はそこに個体の素質を作るあらゆる遺伝情報があると

無性生殖は、どの部分の細胞をとってきても、そこに個体の素質を作るあらゆる遺伝情報があるという事実にもとづき、人間においても、性結合にょらないで、たとえばある人の皮膚の一細胞から、その人と同じ素質の人間 …

no image

卒業後の心理学の研究ポストをねらって

卒業後の心理学の研究ポストをねらって、ぬけめなく、まともな基礎は積んでいたので、卒業後数年間の研究生活は、A郎などよりよほど順調だった。だが私をそこまで支えてくれた姉は、独身のままで病気にかかり、それ …

no image

義理・人情の中に含まれる閉鎖的要素をどう克服するか

日本の中での教育は、個人主義と集団主義、合理性と自然性等々の間で複雑な様相を呈するでしょう。ただこれは、西洋的科学性、概念性をもってしたときの複雑さであって、それが複雑で割り切れないままに、具体的にか …