雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

憎悪が募るにつれ、なぜか相手への敬意も募ってきた

投稿日:

スミルノーフがいきなり声をあげる。「これぞ女だこれなら理解できる!ほんものの女だ泣きごともいわず、めそめそすることもない。まるで火の玉、ロケット、火薬だしかし、こんな女を殺さなくてはならぬとは」彼はすぐさま永遠の愛を誓い、妻になってくれと彼女に申し出る。

「もおおおお」彼女がつばを飛ばした。「腹が立ってからだが震えてきた彼の感情の爆発に彼女も怒り心頭に発し、ふたりはたがいに侮蔑の言葉を投げつけはじめる。やがて彼が決闘を申し出る。彼の脳天に穴を開けてやりたくてたまなくなった女性は、亡夫のピストルを取りだし、ふたりはたがいに銃口を向ける。ところが憎悪が募るにつれ、なぜか相手への敬意も募ってきた。そして、惹かれ合う心も。

彼女の召使いたちが女主人を守ろうと斧や熊手を手に客間に駆けつけたところ、目の前の光景に思わずつんのめってしまうーふたりは激しい抱擁の最中だったのだから。

ロミオとジュリエット

欧米社会でこの手の物語といえば、当然ながらシェークスピアの悲劇、ロミオとジュリエットがいちばん有名だ。一六世紀のヴェローナを舞台にしたこの作品に登場するふたりの若者は、モンタギュー家とキャピュレット家という、どちらも有力な一族の苦々しい確執のなかにとらわれてしまう。

逆境と燃えさかる恋心とを結びつける奇妙な関係は、世界中のすばらしい伝説に登場する幸薄き恋人たちに共通している。なんらかの困難に背中を押された恋人たちは、さらに激しく恋の炎を燃やす。

ロミオはモンタギュー家の人間で、ジュリエットはキャピュレット家の娘。それでもロミオは、ある晩警会の席でジュリエットを目にした瞬間、恋に落ち、こう叫ぶ。「あの人は、たいまつを明るく燃やすことのできる人。いままで、この心が恋をしたことがあるのだろうか?誓ってないといえ、わが目よ今害まで、まことの美を見たことがなかったのだから」。ジュリエットもまた、キューピッドの矢に心を射抜かれたのだった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

臓操病は戦争という恐怖からの逃避現象

日本陸軍の臓操病は、かつての古典的なヒステリー、無意識の演技による、戦争という恐怖からの逃避現象だったのだが、興味深いことに、第一次世界大戦のときには、米国の陸軍にも日本陸軍と同じようなヒステリー型が …

no image

チンパンジーのオスはおとなしく自分の順番を待っているが

彼はタンザニアのゴンベストリーム国立公園に住むチンパンジー。たいていのオスは、おとなしく自分の順番を待っている。ところがなかには、メスを独占したがるチンパンジーがいる。そして情熱が高まると、そういうオ …

no image

依存心理をいつも最優先すると

気の弱い人、心細い人に比べて、もっと困った人々がいる。それは見捨てられる不安やいら立ちの感情があまりにも大きく起こり過ぎるために、自分をうまくコントロールできない人である。自動車にたとえれば、普通の人 …

no image

自己愛傾向尺度と特徴

自己愛傾向の特徴。それは、自分の心の中の理想自己の実現にしか関心がないために、自分本位の一人合点、自分に都合のよい思い込みといった性格傾向が顕著なことである。「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラの …

no image

発達した言語能力が必須だった

カバ、バッファロー、シマウマなどの骨の周囲に、数多くの道具が残されている。そうした動物を追跡し、取り囲み、殺すために、彼らには鋭い空間把握能力が必要とされた。戦利品を分配するためには、自分の義務を記憶 …