雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

雑巾を乾かすのに最適な場所とは?

投稿日:

・ぞうきんを乾かす場所はココ

ぞうきんは乾かすためには広げておかなくてはならないが、なかなかその場所がない。ふき掃除に使って、そのあときれいに洗ったぞうきんは、やはり、なるべく人に見られないようなところがいいが、物入れの中だと風通しが悪くてダメ。で、バケツの縁にかけておいたり、専用の物干しを用意してみたり。しかし、狭い洗面所などでは少しでも物を増やしたくないもの。そこで、同じ水まわりということで、洗濯機の下のほうにつるすというのを試してみてはいかが?吸盤やマグネットでくっつくタイプのタオルかけを買ってきて、洗濯機の下のほうに取りつける。そこにぞうきんをかけておけば、乾くのも早いし、じゃまにならず、しかも目立たない。

洗濯セットを隠す意外な方法

洗濯のときに使う洗剤やブラシ、柔軟仕上げ剤なども、絶対に必要なものだが、見せたくないものの一つだ。生活感あふれるものは、見えないところに隠してしまうのがベスト。そんな洗濯グッズを隠すのにちょうどいい、とっておきの場所がある、それは洗濯機の中。考えてみれば、洗濯していないときは洗濯機の中はあいているのだから、それを利用しない手はない。洗濯グッズをまとめてプラスチックなどのカゴに入れておき、そのまま洗濯機の中へしまっておく。洗濯するときには、カゴごと出して洗剤を使い、洗濯が終わったら、また中へ収納すればいい。

洗濯機まわりをスッキリさせる

ボトルの色も形もバラバラで、普通に並べているだけでも、雑然とした雰囲気になってしまう。洗濯機のまわりには、洗剤や漂白剤や柔軟仕上げ剤などのボトル類、それにブラシ、洗濯バサミなどのこまごまとしたものを置いておきたいもの。これを少しでもスッキリと見せるために、まずは、機能的な収納ラックを用意してみよう。洗濯機の上があいているのなら背の高いラック、上に乾燥機があるのなら、サイドに置くタイプのラック。大きなボトルや洗剤類を並べ、小さなものはいくつかのカゴに分けて入れて、取り出しやすい位置に置く。さらに、ラック全体を覆い隠すようにのれんをかけたり、ロールカーテンを取りつける。こうしておくと、洗濯機を使わないときの目隠しになり、お客様が前を通らなくてはならないときも恥ずかしくない。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

簡単棚作り-サイズに合わせて作れる

・サイズに合わせて作れる棚 棚を付ける場所によって方法が違います。壁面に付けるときは受け手金具、壁と壁の間に付けるときは受け木を取り付けます。また、家具などで棚板を増やしたり位置の変更をしやすくしてお …

no image

子供服には名前は書かないほうがいい

・子供服には名前は書かない そんな処分の仕方を考えているなら、最初からそれに合わせた使い方をしておこう。専門のショップに売るにしろ、フリーマーケットに出すにしろ、リサイクルにいちばん出しやすいのが子供 …

no image

モノをスッキリ収納するためには

スッキリというのは、整頓された状態ーつまり、全席指定にしなければ、整頓できたとは言えない。東京〜博多間を走る高速新幹線の「のぞみ」は、全席指定です。通路や出入り口に立つ人がいないので、それはスッキリと …

no image

壁紙の張替えや剥がしを自分で行う方法

・簡単に汚れを落とせるスプレー 部屋のリフレッシュをするなら、やはり壁紙を張り替えるのが一番です。紙が傷んでなくても何年もすると黄ばんできて、部屋全体が暗くなっできます。多少の失敗を恐れず、新しい壁紙 …

no image

洗濯物を取り込む便利な方法

・洗濯物の便利な取り込み方 たたむのを楽にする方法を紹介しよう。洗濯は嫌いじゃないし、干すのも気持ちよくて好きだが、たたむのが面倒で嫌いという人は結構多い。まず、洗濯物を取り入れる段階で、最初に夫のも …