雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

象が思春期を迎えると

投稿日:

アフリカゾウのオスは思春期(一四歳くらい)を迎えると、すぐにメスが仕切る出生グループを去り、小さな「野郎」集団となってさまよい歩きはじめる。発情期には、各々の性的魅力がさかんにアピールされる。

動物の求愛行動には、人間の恋愛と類似する行動学的特徴がたくさん見られるという。アフリカゾウがいい例。アフリカゾウのメスは、一年の不特定時期に五日間連続して発情期を迎える。戯れてまわるその交尾期に妊娠した場合、妊娠期間中の二二か月に加え、それにつづく二年の子育てのあいだ、メスゾウの性行動は抑えられる。

ほとんどのメスが、四年にわたって交尾をしなくなる。だからメスゾウたちは、相手選びにかなりのこだわりを持っている。気に入る相手もいれば、拒否する相手もいる。メスゾウにとって、相手はよりどりみどりだ。

オスはメスの集団に近づきながら、求愛のためにからだを見せびらかす発情期ウォークを披露する。頭を高く掲げ、あごを引き、しきりに視線を揺り動かし、鼻を掲げて、自信に満ちた低いごろころという声を出す。

メスがその存在を察知できるほど

タイトなミニスカートに胸もと大胆にカットしたブラウスとハイヒールを身につけた女性に負けないくらいのセックスアピール。オスゾウは、一般的に毎年二、三か月ほどつづく発情期に入ると、目と耳のあいふくらんだ腺から粘りけのある液体を分泌しはじめる。尿がひっきりなしに流れ、ペニ皮が緑と白の泡に覆われて厚くなる。この時期のオスが発するにおいときたらかなり刺激的で、オスの姿を目にする前からメスがその存在を察知できるほどである。

いくらオスゾウがいいよっても、彼女はすたすたと草原を逃げてしまう。メスゾウはオスゾウの半分くらいの大きさしかないので、経験を積んだメスなら、オスより速く、機敏に逃げることができる。

メスゾウにとって、オスゾウがしたたらせる液体や、そして「発情期ウォーク」が、このうえなく魅力的に映る。だからさかりのついたメスゾウは、ロックスターに近づく娘たちのように、オスゾウに引きよせられていくという。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

才能に反応するための特定の脳内ネットワークも進化

人類という種が、「特別な」個体に一時的に惹きつけられる動物から、相手のためなら死んでもかまわないとさえ思える男女へと変身した過程について。人間の特別な才能が進化したのが、いつ、どこで、なぜなのか、とい …

no image

肉体的な苦痛の一因は乗り越えなければならない社会的障害

「その人との関係にひびが入っても、やり直せるようさらに努力する」男も女も、同性愛者の場合は異性愛者よりも感情的に苦しむことが多いという。不眠症や食欲不振になることも多く、相手との相思相愛を望む気持ちも …

no image

恋愛は強い衝動が満たされているかいないかによって

恋愛は、強い衝動が満たされているか満たされていないかによって、じつに多様な感情とつながっている。「衝動」にふさわしく、恋愛もなにか特定の表情に関連しているわけではない。原始的な感情ーたとえば怒り、恐怖 …

no image

家族と共に過ごしてしまった

どんなに妻子を愛していたとて、心のつながった他人と別れるという、どこにである別れとして、これを受け入れるほかはない私は、A二は喜んでくれると確信していた。問題はC子だ。案の定私が二人に提案したとき、彼 …

no image

私は身を引こうと決心した

私は腹を立てすぐに家にとんで行ってにせ者と対決しようとしたが、二人に強引に引きとめられてしまった。B氏やC子に説得されているうちに、私の意志はくじけてきた。大混乱を起こして争ったとて、A一のこの一年間 …