雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

自由すらやはり迷妄を含んでいる

投稿日:

自己実現は、人間の自由のあらわれであり、自由人のようなイメージを多分にもっています。しかしこの自由すら、やはり迷妄を含んでいるのです。そもそも自由という概念は、、不満等に対して生じてくる。解放の過程であって、本来は状態像に関するものではない。したがって自由な理想郷とか、完全な自由とか、自由になるほどょいとかいう規定をしようとすると、とたんに矛盾をきたしてしまう。

私たちは無心の自己超越を、仙人的、超世俗的かず、さりとて現実社会の中で迷妄のない境地が訪れることもできない。共同存在意識のイメージで本書を結ぶ前に、迷妄を認識し、しかも社会生活では、その迷妄を完全に避けることはできないということを認識しておかなければならない。

カウンセリングや人間教育における人間性の解放や自由にしても、それを抽象化して端的におしすすめていこうとすると、無為または自我崩壊精神病や暴発行動)につながってしまう。極端な無政府主義が、破壊的混乱に陥るのと同じです。

心の発展を図式的に決めてかかれない

心の発展を図式的に決めてかかれない。心の成長に客観的な段階があることはたしかなのですが、その現われ方は、一人一人の個性によって非常に違うので、おそらく万人に共通した具体的な尺度を作るのは不可能。いわんやひとつの尺度で、自他を比較して評価できるようなものではありません。

私たち人間に、手と足が二本ずつしかないことだって不自由といえばいえる。細胞の膜があることは、やはり不自由なことです。しかし手足が二本ずつであり、細胞膜で限定されているからこそ、つまり束縛があるからこそ、自由が存在する。自由とは、やはり束縛の中のたえざる過程だといわなければならないでしょう。

たとえば自閉的な性格の人は、いわゆる常識的な開かれ方はしないし、あえてそれを強要されれば、生命的にも枯れて、本当に閉ざされてしまうでしょう。内向的な人と外向的な人とでは、開かれ方や深まり方も違います。いや、本当は個人個人、開かれ方も、交わりかたも、無心への道も、まったく違ってよいのです。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

不安定な人格状態に陥った女性

ある女性が願っていたのは、人間らしい夫を持ち、愛する大との間に子供を持ち、幸せな家庭をつくることであった。しかし、彼女がそのような自分に脱皮しようとすればするほど、摩擦とトラブルが続発した。愛する大デ …

no image

地球上は略奪愛であふれている

子どもを育てるために一雌一雄関係を築く種のオスが性的に相手を独占するのには、第二の進化的な動機が関係している。オスにしてみれば、巣をつくり、メスを守り、侵入者と戦い、さらには子どもに餌を与えるために貴 …

no image

視覚の恒常現象

私がAさんを五メートルの距離でみたときと、一〇メートルの距離でみたときは、網膜上のAさんの大きさは二分の一になってい。写真でみれば明らかです。ところが、私の目からは、まったく、同じ大きさに、むしろ二分 …

no image

愛する人について考えてしまう

人は起きている時間の八五パーセントは「愛する人」について考えてしまうものらしい。パルチヴァールのお供があわてて黄色いスカーフを落として血痕を覆ったところで、ようやく彼はわれに返って槍を下ろし、あわやの …

no image

性的欲望は恋愛の中心的要素

古代シュメールの女王イナンナは、ドゥムジの性的魅力の虜になった。「ああ、ドゥムジー・あなたのふくよかさがわたしのよろこびです」。「北風よ、目ざめよ南風よ、舞い上がれわたしの庭に吹きつけわたしの香りを飛 …