雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

自転車トレーラーでツーリングを楽しもう

投稿日:

自転車用のトレーラーは、かなりのメーカーが作っている。子どもだけを乗せる軽量タイプから、子どもも車椅子も乗せてしまう、荷重容量がへビーなタイプまでさまざまだ。標準より細身で軽量な、ソロ・トレーラーと呼ばれるものもある。後ろをオープンにして去り行く景色を眺めるか、前オープンで親と視界を同じくするか、それも子どもの好み次第だ。軽量タイプでは、子ども2人がゆったりと乗れるモデルはまずお目にかかれない。

お天気が崩れたら閉めきって雨の侵入を防ぎ、暖かい空間を作ってあげよう。自転車への取りつけにもいろいろある。ひとつは、フレームに取りつけるやりかただ。後輪の左側だから、トレーラーは自転車の延長線上を走らない。このタイプではリアサイドバッグが使えなくなることもあるが、その程度の荷物ならトレーラーに突っ込んでおける。サドルに取りつけて、トレーラーが自転車の真後ろを走るタイプもある。

自転車の後ろにバランスよく控えているが

トレーラーの幅は、自転車の後ろにバランスよく控えているが、牽引者はこの幅に慣れておくこと。トレーラーはチャイルドシートよりはるかに安全だ。トレーラーを選ぶときは、車体が低く、ホイール・ベースが長いものを基準にしよう。うちにはふたつ、タイプの異なるトレーラーがある、とある家族。ディトリップには軽量で折り畳めるほうを使い、子ども達2人を同乗させる。子どもがまだ1人しかいなかったころは、もうひとつの大型トレーラーに何もかも放り込んで、数日間走り回った。

長期旅行には、両方を駆使している。重心が低いから、安定しているだけでなく、万一転倒しても子どもが放り出されることも少ない。旗など立てて、ほかの人からも見えやすいようにしよう。各トレーラーに子どもを1人ずつ。寂しがるかなと思っていたのに、各自プライバシーを喜んでいるようだ。ホイール・ガードなどの安全機能が備わっているか、チェックしよう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山登りは簡単で非常に幅広く楽しめるスポーツ

山登りは簡単で楽な山から困難でしんどい山まで非常に幅広く楽しめるスポーツです。持病があっても十分楽しめ、適度な運動として身体にもよい対象も多くあります。また持病を自覚している人は慎重に計画し行動するこ …

no image

山登り仲間とともに山に登ろうということになって計画を任されたら

・実力と旬を見極めプランニングすべし 問題です。来月の日曜日に、仲間とともに山に登ろうということになって、計画を任されました。さあ、どうしましょう?登山経験が豊富であれば、山を決めるのはさほど難しいこ …

no image

大家族用テントを購入するなら1人分大きめのサイズを購入しよう

我が家の場合は家族が増えたとき、大家族用テント一つをどーんと購入するよりも、2人用を2つ使おうとした。2人用、3人用ならすでにいくつか持っていたし、子どもは子どもでまとめて寝かせて、トッドと私は2人っ …

no image

山での遭難事故は多い-過去の例に見る危険性

川苔山は奥多摩駅にほど近い、駅から登れる山として人気のある山です。都内に住むKさんが奥さんに川苔山に登ってくると言って川苔山に向かったのは三月でした。三日後、登山道から一五〇メートル下で遺体で発見され …

no image

成長期の子供の車旅行での食事

夕食メニユーは自家製の乾燥食品、パスタ、フリーズドライなど。寒いときには固くなって食べるのに時間がかかる、親孝行な食品だ。繊維質が豊富なので、水分をたっぶり補給しながら食べることをメーカーは薦めている …