雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

自転車トレーラーを連結させた旅での雨や嵐の苦労

投稿日:

自転車トレーラーでの、子供との旅。天候が悪いと、子ども達はどうしてもトレーラーのなかに閉じ込められがちだ。それならそれで、思いきって走行距離も伸ばしてしまおう。どうせ雨のなか休憩しても、休んだ気はしないのだから。走行中は風があるからいい。チャイルドシートでがんばる子には、顔を下に向けて風雨をまともに受けないよう、指導してあげよう。トレーラーに雨よけのカバーがついていれば、こんなとき大活躍だ。

安全のため、気象情報はこまめにチェックしよう。風と雨、一度に来られると、自転車もあまり楽しいスポーツとは思えなくなってくる。雨がいつまでも止まないときは、いさぎよく旅を中断するしかない。雲行きが怪しいようなら、避難できそうなところを探しながら走ろう。へビーな荷物を引っばって、チャイルドシートにはちびっ子が座っていたりすると、とくにややこしい。天候に怯えて落ち着きをなくす子だっているのだ。1台のトレーラーに、娘と息子が身を寄せあって避難した。

嵐が過ぎるのを待つしか方法もなかった

彼らの泣き声に耳をふさぐようにして、嵐が過ぎるのを待つしか、そのときはほかに方法もなかった。このトレーラーは、2人用ということになってはいたけど、実際に2人で座ると窮屈このうえない。私達が嵐に見舞われたのは、バージニア州の島でキャンプしていたとき、とある家族。かなりストレスがたまっていたから、子ども達は精神的にボロボロだった。天気予報さえ注意して聞いていればと、悔やまれる体験だ。

嵐の体験というのも、後日いい話のネタにはなるけれど、準備もなく飛び込むと生命に関わるほど危険なこともある。大人はいいとしても、子どもにこんな体験をさせるのは親として辛いものだ。休憩は空模様をにらみつつ、臨機応変に。降っていないときは、子どももトレーラーからはい出て手足を伸ばせるチャンス。雨宿りには、岩だなの下や、人様の山荘のポーチだって利用できる。しかし、そこまでして目的地をめざす価値はあるのか、よく考えて決めよう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

家族のイベントに参加しにくくなってくる年齢

子どもが、テイーンになっても喜んで家族トリップに参加するようなら、それは感涙もののできごとだ。だからこそ、彼らが退屈しないような計画を立てたい(もちろん、ほかのメンバーの許容範囲内で)。どんどん新しい …

no image

坂道歩行時の傾斜が消費エネルギーに及ぼす影響

坂道での歩行における道の傾斜が、消費エネルギーに及ぼす影響は、たとえば傾斜が六度のときのエネルギー消費は、三度のときのエネルギー消費の二倍となる。これに速度の変化が加わると、さらに必要なエネルギーは増 …

no image

日本山岳協会の一般共済と特別共済など

・日本山岳協会の一般共済と特別共済 山岳保険に相当するものとして一般共済と特別共済があり、後者は中高年ハイカーや高校山岳部向けに作られ、日山協に加盟していてもいなくても、また個人でも加入することができ …

no image

地域別天気のことわざ

「フクロウが朝鳴くと晴、夕方に鳴くと雨になる」山口県。 「蛇の木登りは大水の兆し」埼玉県吉見町。 「星が大きく、ことに流星多ければ晴天」福井県。星が大きく見えるのは、湿度の低い快晴の空。 「虹に赤色多 …

no image

メイン州に登山に登ったある家族

大人のような強さ、スタミナ、意思の力は、子どもにはない。大きくなるにつれ、自分でできることも増えてくるが、ひとりよがりも発生する。メイン州のカタディン山に登ったある家族は、目指す洞窟に向けて男の子(8 …