雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

自転車トレーニングの効果で旅行を充実させる

投稿日:

自転車旅行の際、自転車に合わせた快適な衣類は必需品だ。とはいえ、いきなり高価な装備は必要ない。普段から自転車好きの家族でも、旅行前のトレーニングで鍛えてからトライしよう。家族の力量、道路やトレイルの状況、天候などあらゆる条件を考慮しつつ、どの程度のトリップが可能かを見きわめる。心とカラダの準備家族でサイクリングなんて、いかにもほのぼの楽しそう。でも距離やペースによっては、それなりの下準備が必要だ。子どもと一緒に週2~3回、できれば隔日で自転車に乗ろう。

軽快なべースを保ちながら、エクササイズを念頭に、しっかり遭ぐ。ただし、がんばりすぎると疲れて嫌になるから要注意。6~7歳になると、一定べースでの走行にじっくり取り組む集中力や、長距離サイクリングの持久力が備わってくる。同時に大人同様に筋肉を傷めたりもするから準備は怠れない。

おりあるごとに誘って自転車を走らせよう

スタミナをつけるために、おりあるごとに誘って自転車を走らせよう。元気いっばいの子や、普段から運動慣れしている子達なら、とくに心配する必要はないだろう。テイーンエイジャーも、親より体力があるかもしれない。問題は、本やお勉強が好きなインドア派の子達だ。ちびっ子達にも心の準備は必要だ。旅行前には期待感をあおるようにし、同時にルールも話しておこう。

道路でやりたいようにやっていては、命がいくつあっても足りないことを理解させる。旅行前のトレーニングでは、公園や近所のレストランなど、目的地があるとやりやすい。こんなことでも繰り返しているうちに筋力がつき、持久力ができ、本格的なサイクリングも楽しみになってくる。悪天候、寄り道の可能性も見込んで、所要時間を計算すること。平坦このうえない道や、下り坂ばっかりなんだから、とタカをくくらない。まずはデイトリップで、家族の限界を知る。重装備の自転車をペダリングするのは楽ではない。事前にしっかりとトレーニングをしておこう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

レンズ雲などの雲の種類

・レンズ雲 レンズ雲を見たときには、すでに辺りにはかなりの風が吹いており、その後はさらに強烈な風に見舞われる。強い低気圧の接近や活発な前線に伴って現われるから、その後、強風を伴った大雨となるのである。 …

no image

夏山トレッキングの際の服装はどんなものがいいの?

大雪山系トムラウシ山の遭難事故では、なぜ下山を強行したのか、なぜ避難小屋に戻らなかったのか、疑問を呈されているところですが、さて、夏山登山で携行すべき防寒着は、フリースのジャケット1着でいいと思います …

no image

自転車でツーリング中の荷物について

ツーリング中の荷物は普通、フロントサイド、リアサイド、そしてハンドルバーに荷重する。ネジやボルトで組み立ててあるだけのラックは避けて、きちんと溶接してあるものを選ぼう。丈夫さが全然違う。経済的だからっ …

no image

バックカントリースキーを子供と行く場合の注意

山スキーで子供とバックカントリーに足を伸ばすときは、エリアガイドなどで雪崩の危険度をチェックしてから出かけよう。天候陽射しには十分気をつけて。高所への順応も、子どもの体にとっては大仕事。だから標高の高 …

no image

登山初心者は日記をたくさん書くようにしよう

さあ、登山に出よう。玄関から一歩外に出れば、そこがまさにアウトドアの始まりです。いつもとはちがう、ゆったりとした時の流れに身を置こう。週が明けたら、あなたの、そして子供たちの目は、絶対に澄んでいる。ワ …