雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自転車

自転車で歩道を走行する際の制限速度

投稿日:

道路は誰のものか?「自転車は、指定された歩道(自歩道)ならば歩道を通ってもよろしい」とされていることはご承知であろう。ではその自歩道の上を、どのように走るべきかはご存じだろうか。法律上どう定められているか。

「自転車の車道通行を原則禁止するということを検討されているという噂を聞きました」とあるが、お聞き及びの情報については、事実を踏まえたものとはなっていない。「自転車は『道路全体で見ての左側の歩道』を走る。その際なるだけ車線近くを走るのが望ましく、歩行者の邪魔にならい。歩行者の邪魔にならないように徐行し、何かあればすぐに停まること。ということだ。ここまではよろしい。普通に考えていた通りだ。

「徐行」という規定はあるものの、制限速度が決まっていないのは自転車は人力で走るものだからだろう。せいぜいキャパシティは人力程度というセンが自ずとある、と。それはある意味正しい。確かに通常の自転車に通常の人が乗る場合、時速50kmも60km出る、なんてことは考えにくいが歩道上の自転車は時速15km、いや10kmであっても十分に歩行者の脅威になり得る。

制限速度及び進行方向については

制限速度及び進行方向については定められていない。「ひょっとしてそうかな?」とは思っていたものの、こうもあっさり認められると、ちょっとスゴいことだなあと思わざるを得ない。当たり前のことだが、これは別に「警察庁がどうの」という話ではない。警察はじめ行政は、あくまで法で定められたことを忠実に執行するのが責務であって、ことは法整備の話だ。そこの部分を念押しした上で言うが、これでは「暴走自転車」が増えるのは当たり前。

「徐行」というだけで、その危険性を減じることができるのだろうか。これに関しては「それでもクリアできる」というなら、反対はしない。だが、そもそも自転車は緊急避難として「歩道を走らせてもらっている」立場なのだ。そこを考えつつ、速度無制限で歩道を爆走する無謀な高校生たちなど(車道を通ればいいのに)を止めることは可能だろうか。

-自転車

執筆者:

関連記事

no image

国会議員はもともと自転車に興味がない?

ある専門家は語る。それにしても「全会一致」である。与党も野党もない。「自転車を歩道に上げる」という当時としてもかなりの疑義を含んだ法律である。だが国会はこうして全会一致で通るのだ。我々はこういうことを …

no image

駐輪場設置の費用をどこが持つか

駐輪場は造る。それも、より便利なところに造る。もはやこれは当たり前。現在、議論すべきは、駐輪場を造る費用をどこが持つかなのではないだろうか。行政、鉄道事業者、利用者の三者がそれぞれに三分の一ずつ分担す …

no image

昔の日本の風景

道の真ん中には路面電車(トラム)が走っている。まだ日本は本格的なモータリゼーションを経験していなかった。確かに路面はデコボコに荒れている。が、これがかつての日本だった。道路行政が歪にネジ曲がる前の風景 …

no image

自転車が歩道を走行することによる問題

自転車が歩道に上がった時の話。歩道に自転車を上げるって?先日、ある信頼すべき筋から実に実にイヤなイヤなイヤーな話を聞いたのだ、とある人は語る。 目的は「交通事故による死亡者数を減らすため」。総理の肝い …

no image

交通戦争と呼ばれた時期と比較すると事故は半減するに至りました

話のキッカケは、総理の談話だった、と語るある専門家。「交通事故の死亡者を半減させるように」との談話が発表され、それが警察庁に降りてきた。交通事故死者数半減達成に関する内閣総理大臣(中央交通安全対策会議 …