雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自転車

自転車で歩道を走行する際の制限速度

投稿日:

道路は誰のものか?「自転車は、指定された歩道(自歩道)ならば歩道を通ってもよろしい」とされていることはご承知であろう。ではその自歩道の上を、どのように走るべきかはご存じだろうか。法律上どう定められているか。

「自転車の車道通行を原則禁止するということを検討されているという噂を聞きました」とあるが、お聞き及びの情報については、事実を踏まえたものとはなっていない。「自転車は『道路全体で見ての左側の歩道』を走る。その際なるだけ車線近くを走るのが望ましく、歩行者の邪魔にならい。歩行者の邪魔にならないように徐行し、何かあればすぐに停まること。ということだ。ここまではよろしい。普通に考えていた通りだ。

「徐行」という規定はあるものの、制限速度が決まっていないのは自転車は人力で走るものだからだろう。せいぜいキャパシティは人力程度というセンが自ずとある、と。それはある意味正しい。確かに通常の自転車に通常の人が乗る場合、時速50kmも60km出る、なんてことは考えにくいが歩道上の自転車は時速15km、いや10kmであっても十分に歩行者の脅威になり得る。

制限速度及び進行方向については

制限速度及び進行方向については定められていない。「ひょっとしてそうかな?」とは思っていたものの、こうもあっさり認められると、ちょっとスゴいことだなあと思わざるを得ない。当たり前のことだが、これは別に「警察庁がどうの」という話ではない。警察はじめ行政は、あくまで法で定められたことを忠実に執行するのが責務であって、ことは法整備の話だ。そこの部分を念押しした上で言うが、これでは「暴走自転車」が増えるのは当たり前。

「徐行」というだけで、その危険性を減じることができるのだろうか。これに関しては「それでもクリアできる」というなら、反対はしない。だが、そもそも自転車は緊急避難として「歩道を走らせてもらっている」立場なのだ。そこを考えつつ、速度無制限で歩道を爆走する無謀な高校生たちなど(車道を通ればいいのに)を止めることは可能だろうか。

-自転車

執筆者:

関連記事

no image

安全運転義務違反-サンダルなどで捕まるのは何故?

道交法のテキストがあったら、読んでみると、なんと、「自動車または原動機付自転車を離れるときは、その車両の装置に応じ、その車両が他人に無断で運転されることがないようにするため必要な装置を講ずること」の罰 …

no image

国会議員はもともと自転車に興味がない?

ある専門家は語る。それにしても「全会一致」である。与党も野党もない。「自転車を歩道に上げる」という当時としてもかなりの疑義を含んだ法律である。だが国会はこうして全会一致で通るのだ。我々はこういうことを …

no image

バイクに接触した事故など

立てておいたバイクを子どもがいじって倒したら。これはライダー側に責任はない。たとえ駐車違反の場所だろうと、道交法と民事はべつだから、もしバィクが壊れたら子どもの親に損害賠償を請求できる。万一、子どもが …

no image

自転車の車道通行を原則禁止にしていた時代

「自転車の車道通行を原則禁止する」という話が過去にありました。現場の警察官が、自動車の交通量、道路の幅員その他の交通要因を考慮して歩道を通行する方が安全であると判断した場合には、自転車に対して歩道を走 …

no image

自転車のための駐輪場設置という困難な問題から逃げなかった

コペンハーゲン市のフリーバイクは「旅行者のため」の無料レンタル自転車という言い方が実体に即したところで、荒川の「フリー自転車」などとはまったく別物だ。だいたい借りるためにはパスポートを提示しなくてはな …