雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

自立心が旺盛で自分が優位に立ちたがる犬の特徴

投稿日:

自立心が旺盛で自分が優位に立ちたがる犬は、断固とした態度が必要であり、犬に自分が群れのリーダーだと思わせてはならない。さもないと、犬のほうが優位に立ち、ハンドラーを無視し始める。初めて犬を飼う人には手に負えないかもしれない。しかし、確実で一貫した訓練次第で、この犬は訓練競技会の注目を一身に集めるようになるだろう。優れた使役犬、あるいは家庭犬や愛玩犬となるにふさわしい、すべての性格をそなえている。訓練を受け、家族構成が大人の家庭であれば、人間のリーダーを尊重する良い使役犬にも忠実なペットにもなりうる。

このタイプの犬は活発で外向的な性格をもっているが、リーダーシップや支配性も強いので、老人には扱いきれず、強すぎるため幼い子どものいる家庭には絶対に向かない。彼らのいちばんの問題は、自立心が旺盛で自分が優位に立ちたがり、人間の主人を無視する場合が多く、自分のしたい放題に行動し、叱っても橋正しようとしても気にもとめない点である。

さわがしく変化の多い環境では

さわがしく変化の多い環境では、このタイプの犬は気まぐれになりやすい。そして威臓や不満を感じた場合は噛みつくこともあるだろう。人間をリーダーとしてすぐには認めたがらないだろう。必ずや手こずることになるだろう。経験ゆたかな訓練士と、たくさんの訓練が必要になる。強い攻撃性をもち、非常に優位に立ちたがる。優位を勝ちとろうとし続け、挑発を受ければ噛みつく。子どものいる家庭にはまったく向かない。

しかし、自分より優位と認め、リーダーとみなした相手以外には誰かれかまわず挑戦し、攻撃をしかけるから、番犬や歩哨犬としては役に立つ。競技会や旅行、異変などの落ち着かない興奮した状態よりも、静かで穏やかな日常のほうが性に合っている。そのほかの作業では、この犬は攻撃的すぎて訓練も調整もむずかしいと思われる。きわめて自立心が旺盛で人間に対して興味を欠き、なでられたり抱かれたりするのさえ明らかに嫌がる場合もある。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

戦争中に犬に爆弾を背負わせた悲しい歴史

第一次世界大戦の時代に、犬が戦場に出た。フランス軍はとくに犬の鋭い聴覚を活用した。歩哨犬を前線のあちこちに配置したが、たいてい三〇メートルほど距離を離した二頭を一組にして使った。ドイツ軍は警備と歩哨の …

no image

犬が年齢を超えるためには

年齢を超越した犬を作りあげる方法は、早期の学習とくり返しの練習である。年をとった犬の行動は、人間の老人とよく似ている。指導官パーバラ・マークリーは、ノエルという名の素晴らしいシェットランド・シープドッ …

no image

ハムスターの健康管理のための注意事項集

・食事は健康の基本 ハムスターに好物ばかりをあげるのではなく、さまざまな食品をまんべんなく食べさせてあげましょう。栄養のバランスがとれた食事は、健康の基本。また、いつも新鮮な水を用意してあげるのもお忘 …

no image

犬のIQテストの結果

ある犬のIQテストでは、学習および記憶能力の面では非常に優秀だが、問題解決能力になるとそれほどでもないという犬いう結果が出た。これらの犬には、アルファべット順にビーグル、べルジアン・マリノワ、べルジア …

no image

犬の制御不可能な状況に対する反応を測るテスト

社会的優位度テストで、犬の制御不可能な状況に対する反応を測るものがある。このテストでは、犬は自分ではまったくコントロール不可能な状況に置かれることになる。このテストでは、犬を持ちあげる(子犬のほうが良 …