雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

人体を解剖する実習

投稿日:2015年6月29日 更新日:

人体を解剖する実習だが、献体をしてくれる人に対する感謝の念や、あるいは医者としての精神を叩き込むという精神論も含めて、この実習の出席が厳しい学校は多い。医学部自体が、一学年一人程度の小さな学部のうえ、それがいくつかの班に分かれて実習を行うので、サボると簡単にばれてしまう。

その後の生理学や病理学などの実習も、ほとんどの学校で出席は厳しく、八割以上の出席を求められるだろう。通常は、最初の二年間が基礎医学といわれる解剖学や、生理学、薬理学、病理学などを学ぶ時期で、その後の一年間は臨床医学という、内科や外科や産婦人科のような、われわれがイメージする医学を学ぶことになるのだが、臨床に行くと、実習先は病院ということになる。

小さな班に分かれて、順番に実習するので、やはり簡単にサボれない。七割以上は出ないと進級させてもらえなかったり、試験を受けさせてもらえないというのが原則だもっと出席の厳しい学校もあるようだ。自分の大学病院のこともあるが、精神科などでは十分な数の患者さんを診られないということで、外の病院に行くことになったり、お産なども、それが多い別の病院に行くことは珍しくない。

実習などは夏休みに食い込むことも珍しくない

実習でも、多くの学校で、口頭試問といって、質問に答えられないと点数をもらえないことがあるが、医学部のテスト地獄は、よその学部では想像しづらいものだろう。解剖学などは覚えることがものすごく多い。実習のために、医学部は、よその学部以上に、学校に行かないといけない。臨床実習などは夏休みに食い込むことも珍しくない。しかし、それ以上に厳しいのは、ペーパーテストのほうかもしれない。

神経の名前、骨の名前など、膨大な暗記が要求される。一回のテストですむ学校もあれば、毎週のように小テストを課される学校もある。英語ラテン語まで解剖用語を覚えさせる学校もある。もちろん、よその学部と比べて、平気で留年や落第をさせる。六年で卒業できるほうが少数派の大学も珍しくない。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

「白い巨塔」のドラマそのままに繰り広げられる派閥争い

大学病院の系列化は、文部省などが中心となって中央に優秀な人材が集まり、地方の病院に優秀でない人材が集中するのを防ぐためにはじめられた。教授は意のままに医局員を動かし、意に沿わぬ者はさっさとクビを切って …

no image

看護記録とは-いろんなことすべてが書き残されるので注意

看護記録は主に入院している患者さんについて、病気のこと、体のことのほかに、心理状態や生活観察など、実に事細かに記されています。〇月〇日、午前6時、術後3日目、顔色やや蒼白、痛みの訴えあり、頓服の鎮痛剤 …

no image

医療サービス-いったい費用がいくらかかるか

温泉旅行で泊まる宿を選ぶときには、可能な限りいろいろと内容を調べると思います。どんな部屋や施設か、露天風呂はあるか、食事はどんなメニューか、部屋食か、近くに観光スポットはあるか、駅からのアクセスはいい …

no image

2009年のパンデミックH1N1ウイルスの肺炎併発

インフルエンザにかかると、高齢者においては死亡の原因となり得ます。二次性の細菌感染による肺炎が多くを占め、肺炎を合併する割合が高くなります。高齢者は、インフルエンザでなくなられるケースが比較的多いです …

no image

老人内科の求人がなかなか見つからない人必見!

老人内科の求人はあまり多くないように思われがちですが、意外に求人数は多いようです。求人誌などで探すと見つかりにくいようですが、エムスリーキャリアや、医師転職ドットコムなどの転職支援サービスであれば、か …