哲学入門

人生を半分降りる哲学的生き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が気に入った哲学の古典ならいくらでも読みたい。幸いなことに哲学の場合、正真正銘の古典はきわめて少数ですから、それらのうちから自分のセンスにあったものを選び味読するのは難しいことではありません。しかし、ここに大きな問題があります、と語るある専門家。

人生を半分降りるということの中心部には、「哲学」をより多くし哲学研究」をより少なくする、ということがあります。つまり、人生を半分りることは学者を半分降りることでもある。「哲学屋」として身を立てるにはただ漫然とアレコレ読んで思索していればいいわけではない。

「カントのについて」「ニーチェにおけるについて」という「ついて論文」を書かねばなりません。哲学のプロとして業界で認められるには、そうですねえ最低一年くらいはカントなりニーチェなりの哲学に没入して、カント専門家やニーチェ専門家の一角にくい込まねばならないのです。

二流・三流の論文を次から次へと

二流・三流の論文を次から次へと読まねばならない。そして、やっと「カントにおけるについて」という自前の論文ができる。こうした血と汗の結晶のほとんどがただの「まとめ仕事」にすぎないのですが、それはさておき、たとえわずかに新風を吹きこんだとしても、膨大な時間はすでにカント研究に費やされてしまい、頭脳は「カント化」してしまい、現実問題としてカント業界の外では生きていけないわけですから、ますます狭い屋台でカント煎餅やカント鶴頭を売って生計をたてようとしてしまう。

「だれだれ専門家」という曖艦を出さずに、哲学界にデビューした者もおりますが、まあ絶対的少数派と言ってよろしい。そして、こうした「ついて論文」を書くには、これまでの膨大な研究の蓄積を掘り返さなければならない。

こうして、ほとんどのカント学者は、走り書きも含めてーカントが書いたものすべてとカントについての膨大な論文を読みつづけて、死の床を迎えるのです。これがカント学者というものであり、まあこの生き方が現代の哲学研究者を代表していると言って過言ではないでしょう、とある専門家は語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加