雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

人生に無駄なことはない

投稿日:

彼に不快な思いをさせてしまったらイヤだし、傷ついた彼にサヨナラと言われるのも怖い。だってそれは、恋愛でカッコ悪いエラーをすることになるから、もし今、あなたがそんなふうに考えているとしたら、遅かれ早かれサヨナラがやってくるでしょう。それよりもエラーを覚悟で、彼のこころに一歩踏み込んだ会話をするのです。お世辞やへつらいや婿びのシャワーを浴びすぎるのはハートに毒です。だらけてふやけてしまうだけです。

一方、侮辱や失意やエラーは苦い薬だけれども、ハートを成長させるバネになります。恋愛シーンでも同じです。彼に対して言いたいことや聞きたいことがあるけれど、あと一歩踏み込めない。その結果、二人がわかりあえなかったとしても、自分のこころを偽るよりずっとラクになれるはず。エラーをした人は、まあお気の毒に、となぐさめられたり励まされたり。まるで敗者か病人扱い。本当にエラーは失点でしょうか?私にはそうは思えないのです。

人生で出逢うものはすべて得点

むしろ得点に思えます。人生で出逢うものはすべて得点。失点などないと考えているのです。「誰かを好きになれた」「実物大の自分を表現する勇気があった」など、新しい自分の一面を知ることができたのだから、たとえ失恋したって、そのショックはムダにはなりません。恋愛や結婚が短期間でジ・エンドになったり、入学記験に落ちたりするとエラーイコール人生の失点として数えられがちです。私たちはエラーをすると、その原因を探ります。

そして実力不足、うぬぼれ、軽率さ、欲望、無知、誤解、情熱、運命、性格などについてさまざまな発見をし、反省もします。そのたびに自分自身について考え、エラーをしなければ出逢うことがなかった自分と対面できるのです。何回恋愛でエラーをしても、仕事でつまずいても、それは結論ではなくプロセスにすぎません。どんなに紀余曲折があろうと、あなたが到達したい地点に向かって歩いているかぎり、途中で出逢うものはすべて得点になります。そこが人生とスポーツの違うところです。スポーツではミスはミス。エラーは記録の足を引っばります。ところが、人生ではそれがチャンスになります。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

声が親に似る

声の質は最初に生まれた子に、両親のどちらかの声が割合はっきり出ています。そして、次の子が前の子と同性、つまり男男、あるいは女女とつづいた時には、最初の子と同じ影響が出る場合が、やや多いことがわかってい …

no image

タイトルをつける基本は5W1H

一般に、話し手が持つ「聞き手にこのように伝わるのではないか」というイメージと、実際の聞き手の印象は、かなりずれが生じます。話し手の持つイメージは、プラスあるいはマイナスにかなり偏る傾向があります。話し …

no image

自分の作品がどんなに優れたものであっても

この絵画は、このような目的で描いたものだ、この側面はこのような意味をもっているなどということになると、絵画本来の鑑賞はどうなるのかと最初疑問をもったもの。そのとき昔ある本の中でピカソが、「人は絵画をこ …

no image

座相-自ら座っているサマに現れるもの

「座相」とは仏教の用語ですが、座っている姿勢のことです。これによって内面が正確に表出されているといわれています。態度や姿勢というのは、心理学的には、心がある対象に向かっている構え、つまり心の姿勢のこと …

no image

部下と上司の恋愛相談話

部下と上司の恋愛相談話。 この姿勢は自分の意見を一生懸命言おうとする時か、人の意見を感動をもって聞いているかのどちらかですが、いずれにしても嘘のない姿勢。「もう亡くなった奥さんに義理をたてていなくても …