雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

人工透析の医者の先生が知っておいたほうがいい求人サービス

投稿日:2016年8月23日 更新日:

人工透析の先生の求人の傾向としては、常勤だけでなく、非常勤のアルバイトの求人などもあり、幅広く見つけることができると思います。全体の求人数としてはあまり多くはありませんが、透析患者の数が増えていることなどもあり、透析を行える医師のニーズはあると思います。

透析患者が増加しているので、新たに透析センターを作る場合もあり、腎臓内科医を募集しているのを見かけることはたまにあります。

しかし、自分で人工透析系の求人を探すとなると、なかなか見つからないと思います。自分で探してどうしても見つからない場合は、エムスリーキャリア医師転職ドットコムといった転職支援サービスを利用して求人を探したほうがいいでしょう。

転職支援サービスであれば、なかなか見つかりにくい人工透析系の求人でも、比較的簡単に見つけられるようになると思います。

人工透析の分野は、腎臓内科医の数が少ないことがあり、勤務医としてステップアップできる可能性は高いです。また、開業をしてステップアップをはかったりすることもできるでしょう。

院長募集をする案件も

転職支援サービスであれば、透析クリニックの院長募集をする案件などもあり、ステップアップを狙うことができます。転職支援サービスでは、非公開求人を扱っていますが、非公開求人の中には、院長クラスの求人案件がよくあったりします。

求人では、内科的な治療のみができる医師でも歓迎はされますが、外科的な治療ができる医師はさらに大歓迎されるでしょう。シャント造設術などといった外科的手技が可能である医師は、クリニック側から喜ばれるはずです。

人工透析の分野でステップアップをどんどんとはかりたいのであれば、指導体制をしっかりと整えて迎え入れてくれる医療機関に転職し、そこで勉強をどんどんとしていくほうがいいと思います。

人工透析の専門医を取得していれば転職に有利ではありますが、資格がどうこうよりも、やはり、実際に現場で何ができるのかというのが大事になってくるでしょう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

サービス業としての病院-来てよかったと思えるものにする

サービス業としての病院についてですが、ある患者さんが病院を訪れ、去るときにはああ、この病院に来てよかった、病院で検査を受けて安心したなどと気持ちよく病院を去らなければ、病院のサービス業としての機能に問 …

no image

日本初の脳死移植と脳死法案

日本初の脳死移植をやりたかったとしか思えない、少なくとも本気で患者さんを救えるかどうかはかなり怪しい、と語るある専門家。 日本初の脳死移植は、結果がよかったのなら、むしろ、それを認めていくというのが医 …

no image

強迫性障害の症状や特徴

強迫性障害の状態になってしまっている人は、世の中にけっこういるようである。強い強迫性障害ではなく、軽い症状なら、神経質な人なら、かなりの数いるはずである。 外出しようと家を出てから、「カギをかけ忘れた …

no image

ベンチレーターとは人工呼吸器のことを指す-用語集

医者しか知らない、医者の間だけで通じる用語がいくつもある。ここではそんな、医師の間で使われている用語をいくつか紹介していこう。一般の人が日常生活で使うことはないと思うが、病院へ行ったときに、医師の会話 …

no image

すぐに見つかる!老健医師の転職を支援する会社を紹介

老健、いわゆる、介護老人保健施設は、超高齢化社会に向かっている現在において、採用ニーズが高まってきています。老健医師の募集をしている求人案件では、色々な業務をこなすことができる、中堅、ベテラン医師の募 …