雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

地面から力を受けている

投稿日:

地面から下に行けないのは地面から力を受けているから。力を受けるというのは、それによって加速度運動が発生して、われわれはいつも上に向かってるわけです。ただ、なにしろ下りのエスカレーターを無重力系と仮定すると、そのまま乗って行ったら下へもっていかれるわけですね。それを下へ行かないように地面から力を受けてるわけです。

われわれは昼も夜も上に向かって加速度運動してるからこそ、地面にじっとしている。地面から力を受けてわれわれは加速度運動をしてるわけです。だからアインシュタインの一般相対論によれば、われわれの地上ではふつうの幾何学は成り立たない。ただ、成り立たない度合いはどの程度かとなると、それはそれはちっちゃいもので心配することはない。

地面から下へ行けないのもこの力を受けるからです。その力に押されていつも上へ向かって加速度運動をしているわけです、力を絶えず受けてますから。その加速度運動の結果、同じ場所へとどまれるようになっている。それは静止じゃなくて、あくまで上へ向かう運動です。普通はちょうどつり合っています。このことが一般相対論によってはじめて明らかになった、と言うよりは、同じことをそのようにみなくてはならないということになってきたわけです。

速度がありますから上へ向かう

加速度を受けてますから、その結果として速度が発生し、速度がありますから上へ向かう。上へ向かうと言ったって、無重力系の動きにさからって動いているから行ったらシュッとおろされるわけです。もちろん、その上へ向かう運動が強くなれば、地球から離れるわけです。そう言うと、なんだ単なる見方かということになるかもしれませんけれども。なにも、一生懸命上に向かっているなどと考えなくて済むなら、その方がいいわけです。

確かに地球上のように重力が弱い場所での話ならそれで済ますことができるんです。一般相対論のように考えることの効果というものは何もないんですから、これまでの重力の考え方で十分なんです。実際そんなことを言われても、全然そんな気はしないわけですから。ずいぶんと無理な話ではあるんです。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

スコット・カーペンターが地球を二周した

五月二十四日、スコット・カーペンターが地球を二周した。この時、カーペンターは幾つかの判断ミス、操作ミスを重ねて、目標地点から四百キロも離れた通信連絡範囲外に着水し、一時間ほど海を漂った後に無事収容され …

no image

クエーサーという宇宙の天体

一日から数年の周期で激変するその明るさはクエーサーの爆発的な活動を物語っています。いまでは、クエーサーの正体は、異常に大きなエネルギー密度をもつガス雲から誕生したばかりの銀河の中心核、すなわち「活動銀 …

no image

宇宙という言葉は漢語でありその意味も極めて中国的である

宇宙は漢語であり、大郡言葉ではないし、古来の日本的発想ではない。ともかくこの無頼漢的無責任さを持つ宇宙という言葉は厄介な誤解を振りまいている。英語をはじめとする西洋語では、スペース・シャトル関連の宇宙 …

no image

広い宇宙の中で私達は住んでいます

最近では、電波望遠鏡やエックス線測定器をつんだ人工衛星なども宇宙の観測に用います。また、一九八七年三月に、マゼラン星雲での超新星がらやってきたニュートリノが地球を突き抜けて日本の検出器に受かったという …

no image

星は核融合エネルギーで光っているが

星は核融合エネルギーで光っているが、その量は有限であるから必ず燃えつきて冷える。冷えると星の重力を支える圧力が減る。すると収縮してより強い重力が発生する。ただし、温度はゼロでも密度が高くなると物の硬さ …