雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

自己表現とは?を考える

投稿日:

会話クラスの人たちにも私と同じ現象が起きています、とある話し方教室の先生。ひと年齢が増えると友達ができにくいと言われるのは、年齢のせいでも他人のせいでもありません。自分自身が開我、しなければ、そうなるのが当然なのです。学校や会社でできる友達と違って、会話クラスの人たちにはすでに共通項があります。もっと自分のこころを話したい、自己表現をしたいという願望です。だから、こころとこころがキスをした瞬間、素直に喜びます。それを何回か体験すると、深いレベルの信頼と理解が生まれるのです。

「どんな女の人になりたいですか?」クラスの人たちに聞いてみました。「人と気持ちが通じあえる人」「相手を理解し適切なアドバイスができる人」「自分の意見を持ち、それを伝えることができる人」「お世辞つぼくならないで、さりげなく他人のことを励ましてあげられるような人」「いつもポジティブに考える人」「信頼できる人になれたらいいと思います」「強くて優しい人。賢い人。センスのいい人になりたいです」「考えていることや思っていることをはっきり言えるようになりたい。魅力的な会話ができる人になりたいです」さまざまな答えの中に、こんな理想像がありました。

彼女の成長ぶりが表れていました

クラスに入って二年。彼女の答えには彼女の成長ぶりが表れていました。最初は、言葉や会話に対する思い込みや常識にとらわれていて、どこをどう変えたらいいのか混乱したり悩んだりしていたのですが、彼女はたくさん実験することを賑わなかった。そして発見したのです。「ブレスレットの似合う女になりたいです。というのは何かを必死でやっている時って自然に腕まくりをするものですよね?腕まくりをした時にブレスレットがキラリと光る、そういう女の人って素敵だと思うんです」。

自分の発想を自分の言葉で表現できた時の快感ったらありません。ハートがスカーッと気持ちよくなります。それは表情にも表れます。彼女の変わり様を日の当たりに見て、私はエールを送ってもらった気分でした。私が信じていることは間違っていないのだと、彼女が実証してくれたのですから。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

常識に欠ける無知な人の例

聡明とはほど遠い非聡明、無知であって常識に欠ける人は以下のような人です。 機械的な反応をし、生きているという味が感じられない 子どもっぽくて知性を感じさせない 与えられたもの(こと)に感謝する心がない …

no image

接遇は最良のサービスとして最大の満足をしてもらうこと

「接遇は最良のサービスとして最大の満足をしてもらうこと」。実務の場では、このようにという「マニュアル」どおりやっても、まだ足りない。まして、接遇のマニュアルがあるのかと思わせるような応対のしかたでは、 …

no image

すぐ記憶できることがらの数はマジック7といわれている

電話番号は、かける前までは覚えても、かけてしまえば忘れてしまいます。ですが、話を聞いてもらうくらいは覚えていてもらえるでしょう。そんな長さ、そんな数の見出しをつけて、聞き手の理解に役立たせるわけです。 …

no image

無理して話すのは嫌われたくないから

夏休みはどうするの?面白いこと、ある?などと言ってはみるものの、気分が乗らないから当然話は弾まず、ひとりになった時、ドッと疲れる。人間って自分でも気づかないうちに、いろんなものを背負い込んで毎日をエッ …

no image

聡明な女性になるには

総合力としての聡明さは、以下のような人のことを指します。 真面目すぎると感じる人もいるが、いや味がなく好感がもてる 勉強家であるが特にエリート意識など感じさせない 自分の年齢を自然に受け入れていて無理 …