雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

自己愛が肥大化した全能感の持ち主

投稿日:

神秘体験が、教祖との融合や一体感をさらに促進する。一人一人が自己愛が肥大した全能感の持ち主になっている。その分、これらの体験や信仰を共有しない人々を過小評価したり、時には攻撃的、迫害的な対象として体験する度合いが高まっていく。

テレパシーや霊媒、ある種の薬物、自己啓発と称する音楽、腹想によって、さまざまな神秘的体験をつくり出すシステムや仕組みが提供され、彼らの神秘主義的な自己陶酔を集団的に共有する場が設定される。彼らは、この神秘的体験の中で、それぞれが自己陶酔の全能感に浸り、ある種の自己愛の高揚を体験する。

ナチスの場合にも、べルリン・オリンピックの「民族の祭典」に代表されるように、音楽、あらゆる手法をこらしてこの種の集団的な自己愛の高揚をつくり出したが、現代のマスメディア社会には、大衆をこの方向に操作する意図があれば、容易に大きな影響力をふるう仕組みができ上がっている。

米国社会で注目された社会的背景がある

自己愛パーソナリティが米国社会で注目された社会的背景がある。社会心理学者のラッシュが自己愛の時代を著したが、彼は、コフートやカーンバーグらの精神分析学者の自己愛パーソナリティの研究を手がかりにして、自己愛人間の観点からべトナム戦争以後の現代米国の社会心理を描き出した。

一つの好例は、一九九四年のJリーグブームである。わずか半年くらいで多くの人々が熱烈なJリーグファンになり、それまで会ったことも見たこともないような外国人選手に熱狂し、まるで十年の知己のように取り入れてあれこれと話題にする。一九九四年はJリーグ、一九九五年はオウム真理教の年であった。

ラッシュと私のモラトリアム人間論は、きわめて共通の考察を含んでいるが、モラトリアム人間論をさらに発展させて自己愛人間論を展開している。自己愛はどの時代のどんな人間にも欠くことのできない精神機能である。それは、人間が自分を愛し、人生を楽しみ、あらゆる生活行動の活力源をなしている。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

交通事故の賠償金目当てで使う仮病

賠償金目当てで仮病を使っているのではないかと言う。しかし、彼はけっして意図的にそうしているわけではない。それがいわゆるヒステリーという病気の本態である。 加害者である会社の社長さんが彼を見舞い、心から …

no image

性格的にいわゆる内向型の人物

B部長は、性格的にいわゆる内向型の人物、シゾイド型のパーソナリテイに属する。自分の主観の中では話は実に理路整然とし、正義正論に従っている。国立研究所の部長はかくあらねばならないというタテマエどおりに暮 …

no image

脳の原始的なネットワーク

アメリカ建国の父ジョージ・ワシントンが語った「燃えやすいもの」とは(少なくともその一部は尾状核を引っかきまわすドーパミンと、脳の報酬システム「恋に落ちた者にとって、相手の獲得こそが生涯でもっとも価値あ …

no image

大脳を中心とする身体の機能-個人的な自己の意識

最終的にどこに行きつくにせよ、個人的な自己の意識は、大脳を中心とする身体の機能だということが論理的な大前提です。したがって身体的な個体と独立に存在する個人的な霊魂のようなものを仮定しないということです …

no image

割合からかけ離れたプロポーションの女性は妊娠しづらい

シンは、ウェストの割合がヒップの七パーセントに近い女性は、赤ん坊を身ごもる可能性が高いと報告している。しかるべき場所にしかるべき量の脂肪を蓄えているからだーテストステロンにたいして体内エストロゲンのレ …