雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

時間割収納の極意でスッキリ片付く

投稿日:

・時間帯別収納でスッキリ

リビングというのは、家族全員が集まるところ。といっても、じっさいに一日のうちで家族全員がリビングに揃う時間というのは、ほんの少しのあいだだけかもしれない。そこで、収納も時間帯別に分けてみるというアイデアはいかが?残りの時間はというと、昼間はこどもの遊び場になったり、お母さんが手芸道具を広げたり、夜はお父さんがテレビを見ながら晩的したり。それぞれの時間帯で使われ方が違うのも、リビングの特徴だが、たとえば、マガジンラックは前後に分けて、前半分には子どものための絵本を、半分のほうには大人用の新聞や雑誌を入れておく。

昼間はおもちゃを出してビデオはしまっておき、夜になったらおもちゃをしまってビデオを出してくる、といった具合。これなら、収納スペースも少なくて済む。昼間は前を向けておいて、夜になるとクルッとうしろ向きにするというわけ。収納棚も、子どものおもちゃを入れるスペースと、CDやビデオを入れるスペースを兼用する。

和室コーナーを作ってしまう

・フローリングの部屋に畳を敷く

最近は、畳の部屋は少なくなってきていて、フローリングの部屋が多い。しかし、フローリングの部屋でも畳を敷きたいというのが、日本人の心というもの。そんなときには、畳台を一つ購入してリビングの一角に置き、和室コーナーを作ってしまうのもよい方法。高さ数十センチの畳台は、キャスターがついて可動式になっているので、好きな場所にセットできる。中は引き出しなどがついた収納スペース。

かなりの分量が収納できるようなつくりになっている。その中の一つをいつもカラにしておくと、急な来客で片づけなければならないときなど、とりあえず何でも放り込めて、とても利。夏は畳にそのまま寝ころび、必要なときには布団を敷いてベッドにもできる。腰かければベンチチェストのかわりにも。ライフスタイルや季節に合わせて、多目的に使えるのが畳台の魅力だ。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

洗濯物をできるだけ早く乾かすコツ

・洗濯物を効率よく乾かすコツ いかに空気や日光に触れる部分を多くするかを考える。洗濯物を干すときは、できるだけ速く乾くように工夫しよう。ジーンズや厚手の衣類などは乾きにくいので、一番太陽がよく当たる外 …

no image

傘の家族が必要な本数は2本

傘は家族がそれぞれ2本ずつもっていれば十分だ。もちろん折りたたみ傘も含めてである。出先で雨に降られるたびに傘を買っていて、気がつくと傘立てに入りきらないほどあふれていた、なんていう話はよく聞くが、ほか …

no image

はたきの手入れなど

・はたきも手入れを 押し入れの掃除は、ふすまを外し、中の物を出してから行います。掃除機をかけてから、住居用洗剤て汚れを取って、からぶきし、完全に乾くまでは、中に物を入れないようにしましょう。この間に、 …

no image

キッチンの床をコルクタイルに張り替えてみる

キッチンの床をコルクタイルに張り替えてみましょう。くれぐれも慎重に。壁際の処理はていねいに行いましょう。 下地をなるべく平らにするところから作業を始めます。木質床やプラスチックタイルが下地なら、凹凸は …

no image

あふれた手紙や写真は指定席から取り出して

・気持ちが高まっているときが整頓どき あふれた手紙や写真は、指定席から取り出して、「永久保存版」と「処分版」に区別して、整頓します。ただし、この作業のポイントは、気持ちが高まっているときに行なうこと。 …