雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

ジハードをアフガニスタンはどう考えているのか?

投稿日:

アメリカが敵と見なす人々に対して行うこのジハードと、イスラム・グループが敵と見なす人々に対して行うジハードとの間に、道徳的、政治的、法的な違いを私は見出せないアフガニスタン人はどう考えているのだろうか?ヒューマン・ライツ・ウォッチ・アフリカの元代表で、現在はエモリー大学で法律学教授を務める人物が、二〇〇二年一月にジュネーヴの国際人権政策会議の演説の中で次のように言った時、恐らく彼は世界中の多くの人々を代弁していた。

二〇〇一年一〇月末、三週間にわたり激しい爆撃が続いた後、アフガニスタンの一〇〇〇人の指導者がペシャワルに集まった。亡命者もいたし、アフガニスタン国内から来た者もいたが、全員がタリパン政権の打倒を誓った。意見の相違も多々あったが、全員が一致してアメリカに空爆の停止を迫り、国際メディアに無豪の人々への爆撃をやめさせるよう訴えた。部族の長老やイスラム学者や気難しい政治家や元ゲリラ隊長が一致団結した、稀に見る光景と報道された。

憎むべきタリパン政権を倒すことを主張

アフガニスタンの反体制派指導者のアブドル・ハクも同様のメッセージを発した。爆撃以外の手段で憎むべきタリパン政権を倒すことを主張し、それ以上死者を増やさず国土を破壊せずに、その目的を達成できると信じていた。アメリカの助けを借りずにアフガンに帰国し捕らえられ殺される直前に、ハクは行われている最中の爆撃を非難し、タリバン政権内に反乱を起こさせるための自分たちの努力をアメリカが支援しないことを批判した。ハクはワシントンでもアフガニスタンのハミド・カルザイ大統領からも高く評価された人物だった。

アフガンの人々の苦しみを顧みず、どれほど多くの人命が奪われるか考えもしないとハクは言った。爆撃はこうした努力の大きな妨げであり、アメリカは力を誇示し勝利を収めて世界中の人々を恐れさせようとしている。傑出したアフガンの女性団体RAWAは、アフガニスタンにおける女性の運命について懸念を表明できるようになってから、遅ればせながら認知された組織だが、やはり爆撃を激しく糾弾した。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

冷戦期には死よりも共産主義の方がましだと答える者がいた

冷戦期には、「死よりも赤[共産主義]の方がましだ」と答える者がいた。しかし、これは問題の立て方が間違っている。このような問題設定より、大災害につながるような低確率の危険を冒すことは正当化できるのか、と …

no image

アメリカで実質賃金が先進工業国中で最低のレベルまで低下

東西を五〇〇年にわたり分断してきた断層線(冷戦のそれと全く同じではないが、似たようなもの)の東側にある国は、西側起源の第三世界から脱け出した後、教育・保健の面で以前よりずっと高い水準を享受するようにな …

no image

植民地化の必要性が一九世紀と同程度に高まっている

文明国の使命を明記する上で、現在よく使われる一つの公式は、植民地化の必要性が一九世紀と同程度に高まっており、ボストモダン社会が掲げてきた秩序と自由と正義の原則を世界の他の地域に普及させなければならない …

no image

イギリスは侵略的な意図はなく他国を犠牲にして自らを利する欲望はない

高い評価を得ている歴史家で政治解説者のロバート・ケーガンは、異なった説明をする。ヨーロッパは被害妄想で陰謀好きな反米主義の虜になっており、それが熱狂的なことが問題だ。ヨーロッパはしばしば貧欲さに突き動 …

no image

特権をもつ強大国の際限なしの復讐

一六〇年ほど前、占領下のインドで起こった反乱で、イギリス人が殺害された事件(帝国用語で言うインド大反乱)では、イギリスは残虐非道な対応をした。特権をもつ強大な国が、これまで犠牲者に日常的に与えてきたよ …