雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

正当な自衛や善意の行動を誤った取り組みに変えることだってできる

投稿日:

権力に服従するイデオロギーのシステムは、事実上どんな行動であっても、大衆に根ざした唯一の政党を壊滅させるための大量虐殺への加担(南ヴェトナムやインドネシアのように)にしろ、国際テロ(キューバのように)にしろ、あからさまな侵略(同時代の南ヴェトナムのように)ー人々の記憶から消し去ることができるし、正当な自衛や善意の行動を誤った取り組みに変えることだってできるだろう。

世界の支配者はその意図を隠す必要がないだけでなく、むしろ威信を維持するためにそれを誇示することを好むものだ。キューバにおけるソ連の犯罪は秘密裏に行われていたが、片やアメリカはソ連を攻撃用の破壊兵器でかなり公然と包囲していた。時事解説者が頭を悩ませた疑問は、パウエルがスティーヴンソン的瞬間を再現しうるのかどうかだった。中には、それに成功したと考える人もいた。

アメリカが主張してきた論点を裏付けるもの

ニューヨーク・タイムズ紙のコラムニスト、ウイリアム・サファイアは勝ち誇ったように、パウエルのアドレイ・スティーヴンソン的瞬間を報じた。化学兵器の格納庫と言われた施設にトラックが横づけされている衛星写真と、トラックが立ち去った後のもう一枚の写真を提示したのである。これは校滑なイラク人が査察チームの中に潜入している証拠でもあり、このチームは信頼できないので、米国政府が所有するとしている情報データは提供できないという、アメリカがこれまで主張してきた論点を裏付けるものなのだった。

アダム・クライマーは両者には歴然とした相違があったと指摘し、スティーヴンソン的瞬間はソ連のミサイルに関する恐怖が現実にあり、核の対決がさし迫っていたと言っている。同様のケースは他にも多くあり、それらは後からあちこちですっぱ抜かれるようになった。それでもなお、これはスティーヴンソン的瞬間と見なされた。どうやらソ連の国境では、ミサイルに対する恐怖などどこにも見当たらなかった可能性もある。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカの軍拡がソ連を屈服させた

1980年代のアメリカの軍拡がソ連を屈服させた。これは、ロナルド・レーガン大統領の政策によってソ連の帝国的過剰拡張が白日の下にさらされた、という点である種の真実を含んでいるが相退本的な問題の回答にはな …

no image

ソ連の拡張主義が正当化されたように思われた

アメリカがヴェトナムでの内戦に介入するという手痛い過ちを犯したのは、この文脈でであった。ほぼ20年間1955-1973年)にわたって、アメリカはヴェトナムでの共産主義支配を阻止しようとして、5万800 …

no image

第二次世界大戦からの深刻な教訓がもたらした影響を例証

第二次世界大戦からの深刻な教訓がもたらした影響を例証しよう。これは忌わしいテロと残虐行為を伴った作戦行動で、いつもながら高尚な理想に導かれた行為だった。一九五〇年代に、ケニアでは植民地における反乱をイ …

no image

ブッシュの外交政策に見られる腕に落ちない二重性を指摘

重要なポイントは、国防総省の立案者であるボール・ウォルフォウィッツによって明確に述べられた。どうすれば最もアメリカ人の役に立てるのか、考えてみましょうと言うべきなのだ、と彼は主張した。彼もトルコ政府の …

no image

中国とインドは商工業の重要拠点だった

日本の平均余命はヨーロッパよりも長かったかもしれない。東アジアは公衆衛生面ではヨーロッパよりもずっと進んでいたし、恐らく市場システムもより高度なものだったと思われる。一八世紀に、中国とインドは商工業の …