雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

自動車保険の年齢区分か正しいか契約時にチェックしておく

投稿日:2014年10月31日 更新日:

保険の代理店も兼ねている営業マンにとっては、客が保険をいくらかけたかでマージンがちがうのだから、教えてくれない人がいてもおかしくない。営業マンがすすめてくれるのだから、自分にとっていちばんいいもののはず、と考えるのはまちがい。じつは保険は、全年齢不担保契約、30歳未満不担保契約、26歳未満不担保契約、21歳未満不担保契約と年齢によってわかれており、年齢制限の少ないものほど保険金が高いのである。

車を買い替えたとき、営業マンから、保険の内容は、前の車と同じでいいですよね?と聞かれることがある。このとき、つい、何も考えずに、ハイと答えてしまっている人が多いようだが、営業マンのこの言葉に、簡単に返事をしてはいけない。

その差たるや、たとえば、全年齢と別歳未満とでも、じつに合計すると2倍近くもちがうのだ。
年齢区分が変わっているのなら、それに伴い契約内容も変更しないと、大きな損をすることになる。自分で注意して、申し出よう。

納車費用を節約

せっかく一生懸命に値引き交渉したのに、納車費用などで余分なお金を払うのはバカバカしいというものだ。新車、中古車を問わない話だが、納車費用というのがバカにならなかったりする。この経費もバカにならないので、よほど販売店が遠くないかぎり、自分で出かけていこう。

これは車検だけの場合も同じことがいえるが、車を自宅まで届けてもらうだけで8000円からー万2000円ほどもの費用を請求されてしまうのだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

保証継続手続き

1~2年落ちの比較的新しい車であれば、保証継承という裏ワザが使える。中古車を買う場合は、保証期間が長くてもー年。店によっては保証料金としてかなりの額をとられることもあるので、保証継承という裏ワザを使おう。

費用は店にもよるがー万円程度が妥当な線だ。同系列であれば、どこの店でもしてくれる。まず、買う車を製造している系列のディーラーに電話で、保証継承をしてもらいたいという。あとは1日程度預けて整備をしてもらうと、新車の保証を引き継ぐことができる。手続きもカンタン。

ただし、気をつけなければいけないのは、買った車に新車時の保証書がついていることが条件だということ。それも最初に販売した店の印鑑があるもので、これはその日付から計算して保証を引き継ぐためだ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

CUVコンセプトカー「XIV-2」のレンダリングを公開

CUVコンセプトカー「XIV-2」のレンダリングを公開した。コンセプトカーは、双竜車が昨年フランクフルトモーターショーで披露した「XIV-1」に加え、グローバル戦略車種で開発しているプレミアムCUVに …

no image

フェラーリ458スパイダー-モーターショーで世界初披露

フェラーリ458スパイダーが、ドイツのフランクフルトモーターショーで世界初披露。ミッド-リアV8エンジンモデルの新しいラインナップである458スパイダーは、フェラーリの技術力を介して行われたハンドリン …

no image

剛性感のある車とはどういう意味なのか?

車体の共振点(共振振動数)は高いほうが乗員にシッカリした感じを与えます。車体は鉄板でできていて、前から後ろまで連続した弾性体(バネ)と見なせますが、このような振動体には共振点が無数にあって、車体はいつ …

no image

中古車は信頼のある表示がされた店をえらぼう

加盟店であれば、看板や店内にステッカーなどが張られているので、表示をしっかり確認すること。大切なのが、信頼のおける中古車店を選ぶこと。欲しい車や予算などが決まったら、最終的には中古車店でじっさいに見て …

no image

コンパクトカーなら外車がかなりおすすめ

ロールスロイスは、購入希望者の身辺調査をしたと言われる。人前に乗りつけた時の話題性や見栄えもいいが、本国におけるそれらは、国産高級車よりはるかに乗り手の資格を選ぶ。なぜなら、ヨーロッパでは未だに階級が …