雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

初めて行く自動車販売店にはアポを取ってから行こう

投稿日:2014年10月30日 更新日:

いろいろな情報を得るためには、まずアポを入れてから出かけよう。忙しいのか、質問してもなしのつぶてで、ちょっとおざなりにされている感じがするなんて場合がある。せっかく車を買おうと販売店をまわっているのに、ショールームをウロウロしていても、営業マンの反応はいまひとつ。

年齢や雰囲気などによってこうした判断をされることは珍しくなく、営業マンはいかにも買いそうな客にばかり、接客が熱心になってしまったりするのだ。これはどうやら、あなたが買う気のない客と見られたからだろう。そこで、はじめての販売店にいくなら、その前に電話をして、車を見にいくことを伝えておこう。こうしてアポを取っておくと、営業マンも、この客は買う気があるなと判断して、熱心に対応してくれるはず。

並行輸入業者

最近の並行輸入業者は、安くするだけでなくアフターサービス、パーツ提供といった部分にも力を入れており、その充実ぶりは正規代理店にも劣らない。めったにお目にかかれないような車だってラインナップされているから、個性派の車選びには見逃せない存在だ。

外車を買う場合は、正規の代理店を通したものでなければいけないと、かたくなに信じてはいないだろうか。その裏には、万一のときのサポート力に信頼を置き、それがブランドともなっている面があるのではないか。

車の買取査定を上げる色々なポイント

輸入車購入の注意点

輸入車となると、そのディーラーの絶対数が少ない。サービス網にしても全国津々浦々というわけにはいかない。車を買うのに、どんなディーラーに頼むかはかなり慎重に決めなければいけない。

そこで、売るほうも買うほうも窓口が広くて便利なネット販売が増えているから、それを利用しない手はない。ディーラーによっては、メールでは値引き額を表示しない、諸費用の明細は出さないなど、条件をつけているところがある。そのとき注意したいのは、見積もりの依頼をきちんと出すこと。

かならず、本体価格、値引き額、そのほかの諸費用の明細などをきちんと提示してくれるよう要求することが、交渉の第一歩になる。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

大人の車選び-やっぱりクラウンじゃなきゃだめですか?

家族みんなでドライブに出かけるときはミニバンで、日常生活の足は小さなクルマでと使い分けができれば、奥様がスーパーへ買い物に行くときに、大きなボディを持て余すということもなくなります。シティコミューター …

no image

バンパー修理の値段が高い日本の事情

欧州人は、自分たちの生活を豊かにするための金の使い方を知っています。日本人にはまだ少ないようですが、例えば夫婦でコンサートへ出かけたり、美術館巡りをしたり、味に没頭したりという具合です。 夫婦単位で行 …

no image

車はメタリック塗装だと費用がかさむ

・色の経済性、安全性も考えてみる 普通は、購入を決心して最後に決めるのが色ですが、とくに好みの色がない場合は、汚れが目立たず、色あせしにくい色を選んだほうが何かと得になります。最近のクルマは色数が非常 …

no image

タウンボックスの評価-買う価値が低い軽商用車ベースの乗用ワゴン

買う価値が大幅に薄れた軽商用車ベースの乗用ワゴンという声もある、タウンボックス。 アトレーワゴンやエブリイワゴンではスライド機能を装着して足元空間を拡大できるが、タウンボックスにそれは付かない。ほかの …

no image

ポルシェSUV-マカンの発表

ポルシェは新しいSUVの名前を「マカン(Macan)」に定め、ドイツで生産に入った。マカンはインドネシア語で虎を意味し、ダイナミックで柔軟な魅力」という意味を内包している。ポルシェマーケティングセール …