雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

自動車業界は今後将来どうなっていくのかの予想

投稿日:2014年11月7日 更新日:

自動車は将来どうなっていくのだろうか。自動車は様々な課題を抱えている。エネルギー問題や環境問題など、問題は山積していると言えるだろう。また、近年の右を向いても左を向いても同じ顔の車ばかりという楽しさの半減も気になる。

自動車を変革、再生させるものは、エネルギー、渋滞、交通問題、資源課題などのグローバルゼーションであるといえる。将来の自動車は、使用者にとっても、生産者にとっても、弱体化した行政にとっても、とてもスリリングな存在になるだろう。

その楽しさを分かち合いたい。それは、どのような自動車像を私たちが困世紀というスクリーンに結ぶかということに尽きる。おもしろがるのは不謹慎かもしれない。しかし、自動車なる存在と、それを生んでしまった人間なる動物の、生存を賭けての戦いがおもしろくないはずはない。

車の買取査定を上げる色々なポイント

グローバライゼーションの結果

都市内およびその周辺における渋滞問題の解決のために自動車の私有制が一部で崩れ、レンタカーが増加すること。ゴミ・資源問題の解決のためにモデルチェンジ’サイクルが伸びること。エネルギー問題の解決のために、内燃機関自動車=エンジン自動車からEVヘ少なからず自動車の形態がシフトするであろうことだ。

そして、グローバライゼーションの結果として、世界の自動車が均質、平板で同じ顔をしたものになることである。世界中同じ顔名前も同じ顔をしたものになることである。問題が何であるか、それを互いに認め合えれば、解決できるかどうかは不明だが、とにかく勇気をもって解決に向けて動き出すしかないわけで、そういった意味ではすっきりしてきた。

さまざまな反発が、変革を恐れる自動車好きと業界内部から噴出するにちがいない。だが、時代は前記の方向に確実に進みつつある。自動車を愛し続けるには、あるいは業界で生き残るには、厳しく辛い自己改革を受け入れるしかない。これまでの自動車と自動車による交通の形態に慣れ親しんできた人たちには、前記の大変革は、おいそれと受け入れられるものではない。そして、自己改革の第一歩は、凝り固まってしまった古臭い自分と正面から向き合うことである。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

超大型フラッグシップセダン「ニューチェアマンW」を公式発表

双竜自動車は、ソウルグランドハイアットホテルで超大型フラッグシップセダン「ニューチェアマンW」を公式発表しました。2008年2月に初めてリリースされたチェアマンWは、20ヶ月の研究期間と280億ウォン …

no image

車のオイル漏れの修理費っていくら?

あなたの車のオイル漏れは大丈夫だろうか?知らないうちに車のエンジンオイルが減っていて、エンジンが止まってしまった。車にはさまざまなオイルが使われている。 また、車のオイルのにじみや漏れ、バルブ切れは意 …

no image

タウンボックスの評価-買う価値が低い軽商用車ベースの乗用ワゴン

買う価値が大幅に薄れた軽商用車ベースの乗用ワゴンという声もある、タウンボックス。 アトレーワゴンやエブリイワゴンではスライド機能を装着して足元空間を拡大できるが、タウンボックスにそれは付かない。ほかの …

no image

自動車の維持費は年間でどのくらいかけていますか?

とりあえず走れているクルマである限り、まったく手をつけずに車検場に持っていったとしても、書類が揃っていて、ライト類がキチンとつき、タイヤに山があってブレーキがちゃんと効き、排ガス濃度が基準値以下である …

no image

ローバーミニの中古車はタマ数も多く見つかりやすい

1リッター、4気筒のエンジンを横置きにし、トランスミッションとデフを積み重ねることでスペースを稼ぐ、というアイデアで、最小の外寸に最大の居住空間を実現した設計者、アレック・イシゴニスは天才と呼ばれ、サ …