雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

過去の自動車業界の動向-世界中に駆け巡ったニュース

投稿日:2014年11月7日 更新日:

発端は、ダイムラーべンツとアメリカのクライスラーの合併であった。そのニュースに続いて、今度はVWとBMWが、イギリスの名門、ロールス・ロイスの買収をめぐって争うというこュースがかけめぐった。当時大変に驚かれた方もいらっしゃったと思うし、私も貰いたのだが、じっと考えてみると、相手にクライスラーを選んだことは驚きだったが、ダイムラー・ベンツはそもそも合併によって大きくなったのであり、世界を股にかけて活動するグローバル企業であるわけだから、いわば必然の成りゆきではあったのだ。98年の4月から5月にかけて、世界中に自動車をめぐるニュースがかけめぐった。

このニュースに決着がつきかけたころ、今度はダイムラー・ベンツが日産を買収かというこュースが飛び込んできた。しかし、よく読むと、日産本体ではなく、グループ企業の日産ディーゼルの株を取得するというものであった。つけ加えれば、ローバーはそれまでホンダと良好な関係を保っていたのだった。つけ加えれば、BMWはすでにイギリスのこれも名門、ローバーを買収し傘下におさめている。

車の買取査定を上げる色々なポイント

経営権を握るとのニュース

一方、国内ではトヨタが日野自動車とダイハツの出資比率を上げ、経営権を握るとのニュースである。これらのニュースに、業界再編成だと、証券アナリストがにわかに活気づいたのだった。
それに該当するのは、GM、トヨタ、VWで、ベンツはからくもクライスラーと合併することでこのラインに近づいたのだと。彼らの話によると、年間の生産台数が400万台を超える自動車メーカー以外は生き残れないとのことだ。

当時の世界の年間自動車生産能力は7500万台で、一方需要は5000万台だから、2500万台の生産設備が過剰になっているとのことである。その背景には、自動車の過剰な生産設備と需要のシュリンクがある。こうなれば、自動車産業はシュリンクするわけで、成長度を競うことから、生き残りを賭ける戦いとなる。また、世界の自動車保有代数は7億台に近く、先進国では代替需要しかなく、かつ少子化で需要は減退に向かうという。

-自動車

執筆者:

自動車

自動車業界の動向-新しい技術を導入した車を購入したい

投稿日:

過去の19世紀と20世紀を経て、蒸気や電気およびガソリンエンジンの自動車がもたらした変化。 これを考えれば、世界経済の中で、自動車産業の技術革新がいかに密接な関係を結んでいるかどうかがわかる。

産業の初期の自動車技術は、ヨーロッパやアメリカで主に推進された。 それに対して、アジアでは1960年代と70年代を経て本格化した。 しかし、今の車企業は、胎動の時期とは無関係に、新しいブランドとモデル、技術、生産プロセスなどで対等に競争している。 まさしく全面戦争の時期に入ったものであり、技術革新の重要性が浮き彫りにされている理由でもある。

自動車メーカーからの重要な分野は、パワートレイン、軽量素材、接続性、安全性および自動運転などである。 技術革新は、まさにこの分野で出てくる確率が高い。 したがって、自動車メーカーは燃料の効率性を高め、排出ガスを削減し、主要な接続性を確保するなど、革新を追求している。

ボストンコンサルティンググループの最近のサーベイによると、車を購入する際に革新を大事にしている。 彼らは新しい技術を導入した車を購入したいし、接続性や安全性を大事にしていた。 これに加えて、原油価格や石油への依存度の高、地球温暖化などに関心が多くなり、燃料効率が高く、排出ガスを少なくする自動車に関心が多い。

自動車産業での革新事例

現在、自動車メーカーはその誰よりも高い革新を追求している。 トヨタとフォードとBMWが消費者電子製品企業(サムスンなど)とインターネット企業に加え、上位20革新的な企業に含まれたが、それを証明している。

ボストンコンサルティンググループは、アンケート調査を実施して以来、テクノロジー企業よりも自動車企業が革新的な企業に多くランクインしたのは今回が初めてだった。 この結果は、自動車企業の研究開発費を多く投入したことで、フォルクスワーゲンの場合、世界のどの企業よりも積極的に研究開発活動を行っている。 さらにサムスンやマイクロソフトよりも投資を多くするという意見もある。

これらの研究開発活動を通じて、近いうちに自動車企業が解決しようとする技術革新の事例はどのようなものでしょうか? まず、燃料効率だが、米国は2025年までに1ガロン当たり54.5マイルを、EUは2020年までに64.8マイルを、中国は同じ期間に50.1マイルを目標にしている。

加えて、電気自動車やハイブリッド自動車を発展させるために、より強力なエンジンを作っており、同時に、より軽い自動車用素材も開発している。 代替的な自動車燃料である天然ガス、水力発電、そして次世代のエネルギー源であるバイオ燃料、燃料電池技術などの開発も技術革新の方向の一つである。

最近では、音声認識ソフトウェアとBluetoothの機能が低コスト、あるいは普及型モデルの自動車にも搭載されている。 また技術革新の成果である。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

カーナビはインターネット対応がかなり便利でおすすめ

これからカーナビを購入しょうと思っているなら、インターネット対応の機種がおすすめ。カーナビが登場して以来、はじめての場所でもスイスイいけるのでドライプが楽しくなった、という人が多い。たとえば、ドライブ …

no image

車のヘッドライトを何度も消したり点けたりすると故障する

トランスミッションやパワーステアリングのトラブルは直すのにけっこう値が張るだけに、懐のためにも壊さないような運転が大切だ。また、車のトラブルでは、ヘッドライトの故障などもあるが、日本人がやりがちなのは …

no image

自動車の安全技術の開発

多くの事故が、ハンドルにしろブレーキにしろ性能上のマージン余裕・ゆとりがゼロになった次の瞬間におきるわけですから、マージンはそのためには、車をゆっくり走らせるか、性能をなるべく高くしておくかのどちらか …

no image

F12ベルリネッタ-最大出力740馬力の強力な性能

最大出力740馬力の強力な性能を誇るF12ベルリネッタが発売された。フェラーリ公式輸入会社FMKは、「F12ベビーをリネタ」新車発表会を持って販売を開始しました。新車は停止状態から100km / hを …

no image

パールホワイトなど車は色ムラに注意しないと危険

パステルカラーの中古車の場合、色あわせがむずかしいので、新たに塗装すると、それ以外の部分との色ムラが極端に目立ってしまう可能性がある。小さな傷の場合、営業マンが、これなら私のほうでタッチアップペインと …