雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

自動車は試乗しないと分からないことが多い

投稿日:2014年11月5日 更新日:

一般ドライバーがちょっと走ってみただけでクルマの調子を判断することは難しい。新車の印象を知らないのだから、それがいいか悪いかもわからないことが多い。最近の国産新車はとれも品質性能ともによくなり、カタログだけで、つまり乗らずに買ってもまず使いものにならないことはないが、中古車、とくに輸入車のそれは一台一台、程度も調子もバラバラだから、必ず一度は走らせてみたい。

展示場のクルマは任意保険もかかっていないだろうし、安全面でも不安だ。左ハンドル車にはじめて乗る、などという人には、調子を云々する余裕もないだろう。キチンとシートベルトを締めて、できればメモでも持って、ドライブ気分で試乗に出よう。自分で運転する必要はない。店のスタップに運転してもらい、に集中すれば十分だ。

そもそも、中古車の試乗は展示場でのチェックをキチンと済ませ、問題がなければ買ってもいいな、という最終段階でするのが原則だ。だからこそ助手席でもOKとぃうこと。ハンドルを切った時、変な音やショックはないか。減速の時もエンジン音やプレーキの効きに気を配る。

車の買取査定を上げる色々なポイント

ハンドルはキチンと中央を向いているかなど

直進している時、ハンドルはキチンと中央を向いているか。異音、異臭はしないか。発進、加速、変速はスムーズか。助手席からでも、いや気楽な助手席だからこそたくさんのことに気づくはずだ。

展示場でのチェックで、クルマの、そして何よりも店に対する印象がよく、これなら買ってもいいなと思えた時、最後の仕上げに問題がないかどうか、試乗を申し出る。展示場で納得していないクルマにいくら乗っても、それで印象が好転することはあまりないし、買う気もないのに次々試乗を申し入れるのは店に対しても失礼だ。

もちろん、いかに最終段階でも、気づいた問題点が致命的なものなら、潔く購入を諦めることが肝心だが、ここまでつき合いながらどうにもならない、という商品を置くような店は、そうはないはず。ここまでの段階で店とのコミュニケ-ションがしっかりできていれば、よほどの事情がない限り店はそれを拒まないだろうし、試乗の結果、気づいた点も展示場でと同様に気軽に質問できるはずだ。前項同様、どこまでリカバリーできるのか、とことん話し合えれば、まず問題はなかろう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ベロスターSRターボをオーストラリアで発表

現代自動車がベロスター高性能モデル「ベロスターSRターボ」をオーストラリアで発表しました。 韓国国内に最初に登場したベロスターターボは、既存のベロスターが持つクーペのハッチバックの空間活用性、新たに高 …

no image

レガシィツーリングワゴン-4WDの技術が注目された人気車

・レガシィツーリングワゴン それまで日本には商用のバンはありましたが、本格的なワゴンはありませんでしたが、レガシィツーリングワゴンは日本にワゴンのジャンルを開拓したクルマです。こんな状況下でスバルのレ …

no image

車の次世代技術開発-環境と省資源の問題に対して対応しているのは

現段階で日本のクルマ、クルマ社会は文化にまで至っていないと思っています。しかしひよっとすると、ハイブリッドカー、さらにその後に続く本格的な次世代のクルマの開発に他国に先んじて成功すれば、日本から世界に …

no image

エルグランドの評価-高速道路ではドライバーも十分に満足できる

全高が1900mmを超えるLサイズのハイルーフミニバン、エルグランド。高速道路ではドライバーも十分に満足できる。背の高いLサイズミニバンだけに、居住性は良好。3列目もチープな造りではない。広い室内空間 …

no image

ブランド意識-高級であれば何でもいいの?

ブランドに身を包んでいるだけで、自分が高級な人種になれたと思えるような人や、ブランド品を買うこと自体が目的で、手に入れたあとは使うこともなく、タンスにしまい込んだままというような女性もいるそうです。い …