雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

自動車のオプションで購入時しかつけられないものもある

投稿日:2014年10月31日 更新日:

面倒だから、まず納車してもらって欲しいものがあったら、あとからつければいいやしなどと、その場で簡単に判断してはいけない。オプションには、メーカーオプションとディーラーオプションの2種類があって、そのうちメーカーオプションのものは、購入時を除くと二度と取りつけられないものも少なくない。

オプションの選択は、けっこう楽しいのだが、どれが便利か、どれがカッコイイかなど、あれこれ悩むのもたしかだが、どれが後付けできるのか、できないのかもふくめ、オプション類は購入時に慎重に選ぶようにしよう。

公正証書の作成

高額車を購入したときなど、まれに、本当は保証人をつけなければいけないんですが、公正証書をつくってもらえたら、それでいいですよと営業マンにいわれることがある。
保証人を立てるとなるとやっかいだけど、書類だけで済むのならと安易な気持ちで交わしたくなるが、それは非常に危険なことだ。
たしかに、カタログを見ると、どれもカッコイイし、便利そう。営業マンがすすめるのは、すこしでも高く買わせるため。断る冷静さを持とう。あまりにオプションが多くなると、上級グレードの車と、価格が逆転してしまうことだってある。

車の買取査定を上げる色々なポイント

公正証書は、金銭に関する取り決めを公証役場に提出しておいて、トラブルが起こった場合にはすみやかに法律をもって対処するという覚書のようなもの。この証書は絶対的な権限をもっていて、もし滞納などをしてしまった場合には、ただちに家財を差し押さえられるなどの手段をとられても一切文句はいえないし、裁判もおこせないというコワいものなのだ。

セールストークに惑わされない車種が決まり、いざ契約となると、営業マンは、こうしたオプションもありますよと、オプションカタログを持ち出してきて、あれこれとすすめ始める。営業マンに強くすすめられたりすると、買わずにはいられない心境になりがちだ。ここは冷静に、ほんとうに必要かどうかを考えよう。

付属品は断る

新車の購入のとき、洗車セットとか、レースのシートカバーなどが、油断していると見積書に加えられていることがあるから注意が必要だ。これらは、いわばディーラーの取扱商品なわけだから、不要なときは、いらないとはつきり告げてかまわない。ディーラーのオプションで、付属品という名の、いかにも最初から標準的に装備されているかのような錯覚を起こさせるものがある。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

日本の自動車産業の今後

日本が経済面で先進諸国の仲間入りを果たしたのも、莫大な軍事費を費やす必要がなかったことと、自動車産業を柱に、工業が急激な発展を遂げたためです。なかでも自動車業界は現在に至るまで、巨大な外貨と税収を日本 …

no image

2013ニューリンカーンMKSを発売

フォードコリアがリンカーンの代表級セダン「2013ニューリンカーンMKS」を発売した。新車は高度な技術の搭載で走行 ​​安定性を向上させ、スコットランド産の最高級本革シートでデュアルパネルサンルーフま …

no image

自動ブレーキの開発

きっちりとした完璧な自動ブレーキ開発にはまだ時間がかかりそうです。それには工学的な面だけではなく、医学・心理学から果ては倫理面まで、記録される必要があるでしょう。 間違ったハンドル操作は、対向車との衝 …

no image

日本車が欧州車と比較して画一的になっていく一つの大きな理由

日本車が欧州車と比較して画一的になっていく一つの大きな理由は、日本の優秀なサプライヤーの存在です。クルマ自体の開発、製造は自動車メーカーで行っているわけですが、クルマの個々の部品の完成度が高くなければ …

no image

自動車税の支払いをできるだけ少なくする方法

車を買うとき、登録費用や自賠責保険料、消費税などの他に、自動車税、自動車取得税、自動車重量税などの税金もかかってくる。バカにならないのが諸費用だ。ところが、取得税や重量税など、車の価格や重量によって自 …