雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

自動車営業マンの善し悪しを判断する目安

投稿日:2014年10月30日 更新日:

いらっしゃいませと言い、そのあとずっと無言でピッタリついてまわる営業マンがたまにいる。そうした場合は、ただ声をかけるタイミングをはかりかねているだけ、といったケースがほとんどだ。なんとなく居心地が悪くてさっさと店を出てしまいたくもなるが、そういうときには、逆にこちらからいろいろと質問してみよう。

一度話し始めるとけっこういろいろな情報を教えてくれることもあるので、こちらから積極的に話を持ちかけたほうがいい。

管理職から購入するのはお得!?

もしも、最初にもらった名刺に上の役職の肩書がついているとしよう。平社員にくらべれば値引き額も大きくなるかもと、ラッキーに思うかもしれない。ボーナス前後の週末や連休などのかきいれどきには、営業マンだけでは人出が足りず、役職者や管理職まで総出で、客の応対にあたることがある。

たしかに、そういうこともないとはいえない。しかし、契約が終わってしまえばもとの管理職にもどるだけ。営業マンにしてみたら、いきなり、この人、お願いねといわれるわけだ。アフターフォローは、他の営業マンに全部任されてしまう。

あとあとまで丁寧に対応してもらいたいと思うのなら、管理職の肩書きがある名刺をもらった時点で、ちょっと考えてみたほうがいいかもしれない。見たこともない人に向かって、親身になって対応しようとしても、そうできるはずはないだろう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

営業マンとの相性

何度か話してみてもあまり相性があわないと感じた場合は、思いきって、この人からは買わないと決断したほうがいいかもしれない。ふらっと立ち寄った店で偶然応対してくれた営業マンと話しているうちに、すっかりお互いに打ち解けてしまって、その日のうちに契約してしまった、なんていうこともある。かと思えば、何度も店に足を運んでいるのだが、なんとなく話がかみあわないなぁとか、どうも、こちらの好みを理解してくれていないみたいだと思うこともある。

なんとなく気のあう人ならば、営業マンとしてもがんばって値引きしてあげようとか、購入後もちゃんと走っているだろうかと気になって、連絡をこまめにとりたくなるものだが、営業マンの中にも、いろいろな性格の人がいるから、相性のあう、あわないがあるのは当然のこと。このあたりはけっこう重要なポイントとなる。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

輸入車のシェアは都市部に多いが本来地方の道がお得意

自分の個性や使い方に合った、自分なりの魅力を感じられる一台を、決して無理をせずに乗る。現在の中古輸入車事情なら、十分それが可能だし、そうなって初めて、国産車と輸入車のフラットな評価ができ、国産車の、そ …

no image

新型パサートのプレミアムショーケースを開催

「ガソリンモデルは、現代·起亜自動車とディーゼルモデルはBMW、ベンツと本格競争する」。フォルクスワーゲンコリアは、ソウルグランドハイアットホテルで今月末に発売を控えた新型パサートのプレミアムショーケ …

no image

車のノイズの種類など

・ノイズの種類 車内音は車を買った当人に聞こえる音であり、車外音は車の購入には関係がない第三者にも聞こえる音です。ノイズには大きく分けて車内音と車外音があります。音源としてはどちらも同じものですが、車 …

no image

評判のいいカーディーラーの営業マンにアプローチしよう

もしかしたら、買ったはいいがあまり対応がよくなかったというかもしれないし、親切でけっこうアフターサービスもいいというかもしれない。近所や友人で車を買った人がいたら、どこの店で買ったのかさりげなく聞いて …

no image

純正品でないホイールはバランスの調整をしよう

じつは、タイヤは地面に対してまっすぐについているのではなく、決まった方向に微妙に角度がつけられている。ホイールの中心がずれてしまったためにホイールバランスが崩れてしまうこともある。 これがアライメント …