雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

自分の心を表現することを恐れるな

投稿日:

ある女性の話。「あのね、もし、彼女が男だとしたら一番いい男友達になれる、そんな女を恋人に選べ、ってフランス人の誰かが言っていたわ」「僕はイヤだね」「私はいいと思う。もし彼が女だとしたら一番いい女友達になれる、そんな男がいい。そんな関係がいいな」「じゃあ、君はそういう人を探したまえ」その会話が直接の原因ではなかったけれど、彼ともサヨナラしました。

自分のこころをヌードにするのは、かなり勇気がいることです。でも自分らしからぬ女を演じ、別れの日を先に引きのばすのはエネルギーと時間を浪費するばかりです。理解されたかったら、きっちりと私、を表現するしかないのです。本当は「あなたの考え方に賛成できない」と言いたいのに、心とうらはらの会話をして優しい女、を演じていませんか?それでは自分のホントを相手に伝えていないから、理解されるチャンスもないのです。彼とはほんの少し理解しあえたと思います。二人がまるで違うものを求めているとわかってのサヨナラでしたから。かえって誤解されるように振る舞っていることになります。

彼が小さく見えました

また違う女性の話。昔のある日。久しぶりにボーイフレンドと逢った時のこと。彼は自分の抱えているトラブルや仕事のことしか話しませんでした。自分の気持ちを話さないし、したがって私の感情を聞く耳など持っていなかったのです。彼が大きなことを言うたびに、彼が小さく見えました。

なぜ彼とつきあいはじめたのかは、自分でもよくわからないけれど、たぶん今までにつきあったことがないタイプだという点に魅かれたのでしょう。モーリス・ベジャール率いる二十世紀バレエ団の舞台を観ても「あそこのシーン、ちょっと長いんじゃないかな」などと偉そうに批評するだけで、どう感じたかについては言葉になって出てこない。私を理解してほしいどころではありませんでした。

やがて恋は冷めて、もうこの関係は続けられないと切りだすと、彼になだめられて一応和解する。釈然としないまま、ま、いいか、と妥協。結局、理解への道とは逆方向に進んでしまいました。でも、和解というのはその場の仲直りにすぎなかったのです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

健聴者は自分の五感が正常な状態だと思い込んでいます

健聴者の健、とはいったい何を指すのでしょうか。耳が聴こえるというだけで健聴者は自分の五感が正常な状態だと思い込んでいますが、本当に大丈夫なのか?「ろう者たちのほうが、健聴者よりよっぽど視覚がすぐれてい …

no image

わたくし言葉はいつから覚えさせたらいいのか?

正直に申し上げますが、私は「わたくし」と言うことをすすめていますが、その効果を具体的に確かめることができた例は、今までに僅か三例しかないのです、というある話し方の専門家。しかし、自分というものについて …

no image

真剣に恋へのアクセスを求めているのなら

潤いの欠けた肌の上にいくらメイクを凝らしても、乾いた状態は隠せないものです。男たちは言葉で感情表現することは苦手ですが、観察力は鋭いのです。あなたが真剣に恋へのアクセスを求めているのなら、プロポーショ …

no image

人間は異常なときこそその真価が問われるもの

人間は異常なときこそ、その真価が問われるものです。本物とにせものの違いは、簡単に同化しない平常心と、語りの実践にかかっています。どんなときでも、いうべきときにはいわなければならないことを銘記しなければ …

no image

デメリットが生じる場合の言い回し

少子化問題には、次のような反論が予想されます。「少子化を食い止めるために公的な見合いの場をつくることで、深刻なデメリットが生じます。 離婚の増加です。見合い結婚となるので、相手を十分に知ることなく、あ …