雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

自分に自信が持てない場合はいっしょにいる人を選ぶことが重要

投稿日:

自分に自身が持てず、人といると気後れしてしまう人の場合、いっしょにいる人を選ぶことは大切です。ビッタが悪化しているような人といると、熱烈に励まされたり、厳しく叱咤されたりして、ますます調子を悪くしかねません。弱っている自分をそのまま認め、優しい愛情を注いでくれるような人と過ごすようにします。食事では、アーマを少しずつでも消化していけるように、甘いものや炭水化物の過食に気をつけ、お自湯とショウガ、スパイスを利用しながら、軽い食材を選ぶようにします。

また、睡眠のとり方では、早起きをする、昼寝をしない、寝すぎない、というポイントに留意します。もうひとつ、意外に効果的なケアとして、部屋の掃除がおすすめです。部屋にたまった不要なものを捨てたり人にあげたりして手放すと、それだけで自分をとりまく環境のカパが減り、心と体の重さが楽になっていきます。また食間を三時間あける、量を満腹の四分の三くらいにおさえるなど、適切な食べ方を実践します。

つねに漢然とした不安や恐れがある

神経系のヴァータは正常なとき、軽やかで躍動的な精神活動を生み出します。ところがこれが過剰になると、その軽さと動きの性質は、落ち着きのなさ、安定性の喪失となってあらわれてしまいます。不安を誘うような出来事や状況に見舞われているわけでもないつねに心の中のに、に漠然とした不安がある。こういった状態の方は、神経系の活動が過剰になって、ヴァータが乱れています。

考えは散漫になり、落ち着いて物事に対処することができず、また不安や緊張でじっとしていることができないので、意味のない行動をとりとめもなくつづけてしまいます。心はおだやかさをなくし、つねに緊張や不安を感じます。気分の浮き沈みも激しくなり、元気かと思えば暗く落ち込んだりします。このようなときは、消化力も不安定になっています。こういった場合には、規則的でおだやかな生活を心がけるようにしましょう。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

オオアザミの効能-糖尿病などにも効く肝臓の損傷を予防するハーブ

おおあざみ(Mi1kThistle)は地中海沿岸原産のキク科の草で、マリアあざみ(MarianThistle)ともいう。日本語ではやまあざみ(山菊)ともいう。おおあざみは、しっかりした科学的な証拠によ …

no image

衝動のコントロールやその他健康になれる方法

・衝動のコントロールにはキャラハン・テクニックを使う 恐怖症、ストレス、お腹が空いていないのに抑えられない食欲などは、ロジャー・キャラハンが開発したたった五分でできるテクニックによって取り除くことがで …

no image

水道水の毒素は色々な形で私たちの体内に入ってくる

シャワーを浴びると皮膚から毒素が吸収されるだけではない。多くの危険な揮発性毒素が蒸気化する。サウナやスイミングプールは、最も高濃度の毒素が吸収される場所だ。私たちの体における最大の器官である皮膚から、 …

no image

抗不安薬と同等に不安を減じることができるカバ・カバ

・カバ・カバは一般に使われている薬と比べてどうなのか? カバ・カバはジアゼパム・タイプのトランキライザーよりも優れていることが証明されている。カバ・カバには麻酔的な作用がなく、精神的な鋭敏さを奪わない …

no image

エキナセアを風邪予防に摂りつづけると?

風邪やインフルエンザにかかりそうだと感じたら、エキネシアを毎日二週間、あるいは症状がなくなるまで摂ることが望ましい。風邪、インフルエンザ、急性の呼吸器の感染に対しては、とりわけ初期の段階ならば試してみ …