雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

自分に合うスタイルを貫くこともオシャレの鉄則

投稿日:

ルイ・ヴィトンをはじめとするパリファッションが世界で成功したのは、実はパリジェンヌ以外の女性に大いに宣伝をしたからにほかならない。ファッションを売る立場からすると、パリはあまり美味しい市場ではないという。フランスではスティル(スタイル)という言葉をひんばんに使う。文章、料理、着こなし、そして生き方にいたるまで、自分のスタイルをつらぬくことは尊いと、幼いころから親を見て学ぶからだ。

たとえパリで売っていでも、多くの顧客は外国人なのだ。たとえばオートクチュールの顧客は全世界で二百人程度しかいないといわれているが、その八割以上はフランス人ではない。亜流とか物真似は忌み嫌われる。流行に敏感なことはすばらしいし、楽しい。しかし、同時に大人にとっでもっと大切なのは、自分の変わらぬスタイルを確立することなのである。

個人の着こなしにおいでも、まずは根っこになる自分らしい着こなしを確立し、それに流行というドレッシングで味つけをするのがじつは個性的で魅力的な、あなただけのスティルになるのだと思う。欧州に多くブランドというものが存在するのは、どうやらそれぞれステイルを確立することに昔から心血を注いできた彼らの哲学に根ざしているらしい。

欠点をたくみに隠すのもテクニックだが

三宅一生氏が当時のフランス文化大臣であるジャック・ラング氏から勲章を授与されるときに、ラング氏が三宅氏を称して、ムッシュー三宅はユニークであることが授与の理由と短いスピーチをした記憶があるが、それは最高の賛辞である。

欠点をたくみに隠すのもテクニックだが、それを気にしない、というのも好感がもてる。多少太っていたり、小さかったりということにコンプレックスをもっていたら、それを逆手にとるのもおもしろい。三段腹のマダムがタイトなミニスカートやシガレットパンツで闊歩している姿は、いさぎよくて魅力的だ。いずれにしでも、自分を知っていると、立ち居ふるまいに自信がもてるものなのだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

コーデュロイで世界でいちばん軽いジャケットを作ろう

・世界でいちばん軽いジャケットをつくる コーデョロイという生地があるのを知っていますか?城で働く作業員の労働着の生地であったといわれています。つまり、コーデュロイ本来の特徴は、丈夫という点にあったので …

no image

毛羽立つ素材は炎の広がる表面積が大きい

「けば立った生地は炎の広がる表面積が大きい」。ネブラスカ大学でテキスタイル検査の仕事を行う研究所の所長を務めるキャロル・イーズリーが説明する。たとえば、木々の密生した森林で火事が起こると広がるのが早い …

no image

スターの関連でメディアに名前が出たりすれば売上の倍増

二〇〇二年の初め頃なら、ザック・ポーゼンって誰?という人が大半だったと思われる。だが、ナタリー・ポートマンがスター・ウォーズプレミア試写会に彼のドレスを着て現れ、その時の写真が全国誌数誌に出回ったこと …

no image

ジャケット選びでもっとも大切なのは着丈

ジャケット選びでもっとも大切なのは着丈。日本人の場合、一般的にはおしりが隠れる丈が全体のシルエットを美しく見せる。ジャケットにはいろいろな種類がある。代表的なのがテーラード。テーラードのジャケットの場 …

no image

防寒具としてのマフラーを楽しんでみよう

・防寒具としてのマフラーを楽しむ 寒い冬に大活躍するものといえば、マフラーですね。巻いているだけでかなりあったかいので、手放すことができません。今、マフラーは大きく二種類に分けられるでしょう。実用的な …