雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

自分が入っている保険がわからない人

投稿日:

独身の女性から相談を受けたことがあります、とある保険営業員の人。内容は、月に1万6000円も保険料を払っている。高いから今の保険はやめたい。でも、あと1年続けたら契約して3年経つから、お祝い金が15万円もらえる。だから、それまではやめるにやめられない。やめたらもったいないということでした。本末転倒とはこのことです。その女性(以下Aさんとします)が入っている保険には、お祝い金以外にも、入院したら1日5000円が支払われるという医療入院特約や、女性特有の病気による入院の場合はさらに5000円支払われるといった女性疾病入院特約もついていました。

Aさんが入っていた保険について詳しく述べると、定期特約つき終身保険という保険商品です。近年まで、保険業界、特に国内の大手生保の主流だった商品です。この商品について、その仕組みや営業現場の実態を検証しつつ考察を深めることは、保険を、特に売る側の都合を理解するうえで、極めて有効です。Aさんは、家族を養っているわけでもありません。自分の食費だけを親に渡して、自宅から通勤しているOLです。そのくせ、大型の死亡保障をメインとする契約を結び、その契約内容の妥当性よりも、3年間、契約を続けた後に15万円もらえることばかり気にするようになっていました。

いろんなおまけがつくことによって

つまり、いろんなおまけがつくことによって、Aさんには、自分が入っている保険の正体がまったくわからなくなっていたのです。主たる契約は、Aさんに万が一のことがあった場合、3000万円以上の保険金が支払われるというものでした。今まで保険に関して、お客様の耳目に入っていたであろう情報が、いかに誤った認識から流布されているものか、ということもわかっていただけると思います。

さらに、外資系の嘘を理解するうえでも役に立つものです。まずは定期特約つき終身保険について、本当のことを知っていただきたいと思います。もともと、あらゆる保険商品は、会社が損をするようにはできていません。あらかじめ、お客様の死亡率は高めに、会社経営にかかる経費は多めに、市場金利などは低めに見込んで保険料を設定しているからです。つまり、ずいぶん余分にお客様からお金をいただいておくことになっているわけです。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

保険はパッケージ商品ではなくバラ売りされているものに入るべき

基本的に保険にはパッケージ商品ではなく、バラ売りされているものに入るべきだと思います。何より、わかりやすいからです。それでも、一点だけ言っておきたいことがあります。医療保険やがん保険は、パッケージ商品 …

no image

保険の支払い方の鉄則や注意したい重要事項

10年ごとに年齢が10歳ずつ上がった保険料となり、高齢になると払い切れなくなる。平均寿命まで払うと、保険料合計が保険金額を超えてしまうことが多い。この払い方の保険は、ほとんどが掛け捨て保険だ。 保険料 …

no image

生命保険の不払い-入り口が狭い場合と広い場合

生命保険の世界では、過労という言葉が出てくる。過労は病気じゃないと一般の人は思いがちだが、過労は英文辞書にも出てくる世界語で立派な病気の一つだ。しかも生命保険の世界では、過労は自殺につながる症状として …

no image

年金の種類や違い、プランなど

プランで移行できる年金種類は個人年金の種類と同じです。また、介護保険の給付内容は、ねたきりあるいは痴呆状態になったとき支払われる介護年金、七十歳以降五年毎に健康な方にお支払する健康祝金および亡くなった …

no image

生命保険診査や告知の問題-申告しないように勧めるケースも

とても重要な診査・告知をするうえでの注意点、診査・告知の問題がある。 診査とは、被保険者の現在の健康状態を調べ、いままでにどんな病気にいつなったか、それはいつ直ったのか、という過去の病歴の告知をするこ …