雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

自己、自分、自我などの言葉を常識的に漠然と使ってきた

投稿日:

単純論理的に、自己実現をきめつけて規定するわけにはいかない。ところで今までの論議において、自己、自分、自我、個我、個人的自己、などの言葉を、常識的に漠然と使ってきました。しかし真の自己実現が同時に自己超越であり「真の自己は普遍的自己である」というようないいかたが成立してくるからには、常識的な意味での個人的自己を自己とよぶことは誤解を招くでしょう。

自我が柔軟に開かれていくために、東縛的体制的自我の力にたよらなければなりません。逆にいうと、自我の力が前提になってこそ、はじめて自我をこえた開かれを疑問なく志向できる。もちろんこの場合、自我とは個人主義的自我自分のための意志と努力の座である必要はなく、共同我のようなもの、つまりみんなのための工夫と努力の座であってよいわけで、その方が、個我からの開かれを準備するためにも好都合だということは、うなずけると思います。

以後は用語をはっきり使いわけ個人的自己に対して、個をこえる存在的本質をいう場合にのみ自己とよぶことにし、そのへんが漢然としている常識的用法が必要なときは自分とよぶことにします本当は自分とは日本に特有な、自然から自ら分かれたもの、あるいは個人の分有するものというニュアンスをもつのですが、それは問わない。

自己とは他者や自然界との交わりの中で形成

自己とは、他者や自然界との交わりの中で形成され、その中で現実の目的実現のためにいや、人格の統合のためにもある程度恒常化、絶対化した体制(自我にたよらざるをえない。しかし自己実現の本質は、その体制にあるのではなくて、瞬間瞬間の体験、交流、表現にある。だから人間は自己実現の極においては、個我も個人的自己もこえて、無心に他者や自然界との交わりの中に没する。

個人的自己および自己の、その体制的機能の面が強調されるときに個我または自我という言葉を使いたいと思います。人間の自己実現は、一人一人の自己のかけがえのないユニークさが、十全に、瞬間瞬間の運動として発揮されることにある。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

自己愛傾向尺度と特徴

自己愛傾向の特徴。それは、自分の心の中の理想自己の実現にしか関心がないために、自分本位の一人合点、自分に都合のよい思い込みといった性格傾向が顕著なことである。「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラの …

no image

孤独を好む人の自己防衛

自責的にふるまうことによって、自己防衛をする。自分の恋心を知られまいとして、わざとつっけんどんな態度をとるようなことも防衛機制です。その他、罪を他人になすりつけたり、感情をえずに事務的に物事を処理しよ …

no image

モ・ベター・ブルースという悲劇映画

自己愛パーソナリティの悲劇ー映画「モ・ベター・ブルース」。才能はあるのに、このように自己中心的で、そのためにみんなから愛想を尽かされてしまう自己愛パーソナリティの悲劇を描いた映画に「モ・べター・ブルー …

no image

微妙な人間関係や心と心の情緒の世界で

ある人の話。かつての親友なので、自分から出かけていって、彼の更生に何とか自分が役に立とうとなにくれとなく世話をした。相手も感謝してくれていると思っていた。そんなつき合いの中で、自分の家に遊びに来てもら …

no image

彼女の踊りを目にしたとき魂を奪われた

ナイジェリアのティヴ族のある男性は、ある女性のあまりの美しさに思わずこう叫んだ。「彼女の踊りを目にしたとき、魂を奪われた。彼女を追わずにはいられなかった」。新聞や雑誌に掲載される個人広告では、相手の条 …