雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

大変役立つ耳鼻咽喉科の医師が利用したい求人紹介会社

投稿日:2016年8月21日 更新日:

耳鼻咽喉科の求人数はそれほど多くはありません。街を歩くとそこら中に耳鼻咽喉科のクリニックがあるので、医師の求人は多いように感じますが、意外にそれほど奥はありません。

耳鼻咽喉科は、他の科と比べると、どちらかというと小さい診療科目と言え、転職マーケットとして考えると小規模です。あまり求人数が多くないので、求人誌などで求人を探すよりも、エムスリーキャリア医師転職ドットコムといったような、転職支援サービスで求人を探したほうが、確実に良い求人が見つかると思います。

転職支援サービスは、非公開求人を扱っているので、一般の求人誌で求人を探すよりも、はるかにいい求人に出会える可能性が高いです。利用するのに一切お金がかかりませんので、かなり利用しやすいと思います。

耳鼻咽喉科のニーズは

耳鼻咽喉科は、常勤医師の数が少ないようです。もしも欠員が出てしまった場合で、常勤医不在になってしまった場合には、病院から常勤の求人を出すことはよくあり、ニーズはあります。

常勤の耳鼻咽喉科は、どちらかというと充足していることが多いですが、さらに医師数を増やして、細分化、専門特化をしていこうとする施設の場合であれば、人員の募集はかけられるでしょう。

耳鼻咽喉科医の人数はあまり多くはありません。スーパーローテート以降、耳鼻咽喉科医になろうとする若手は減っていっているようです。耳鼻咽喉科の医師がいないために、休診をせざる負えないというような病院もあったりするそうです。

耳鼻咽喉科クリニックの場合、新規開設の際に、分院長募集が見られることもあり、幅広い年齢層の診療ができる医師を採用しようとする動きがみられることがあります。

幅広い年齢層に対応できるよう、治療などの能力いがにも、コミュニケーション能力が問われる場合もあります。

耳鼻咽喉科の場合、一度入職すると、しばらく定着することが多いので、もしも条件の良い求人が見つかったら、すぐに応募をしたほうがいいと思います。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

人獣共通感染症インフルエンザの脅威

インフルエンザウイルスがヒトに感染するとき、感染はヘマグルチニン(HA)が宿主の細胞表面にあるシアル酸に結合することから始まります。 ヒトに感染するとき、インフルエンザウイルスが私たちの体の細胞と最初 …

no image

古代ローマのソラリウムという日光浴場

古代ギリシャでは、日光セラピーを神経痛や皮膚病治療に応用していたといわれています。太陽光の力、実ははるか古代より生かされてきたのです。 太陽光には紫外線の殺菌力、ミトコンドリア活性による自家発電の力が …

no image

尿路結石になった男性-健康って何か分からなくなる

35歳のSさんは、深夜激しい腹痛に襲われ、救急車で運ばれた。あんなに健康的な食生活を送ってきたのに、どうして・・Sさんは嘆くことしきりである。病名は尿管結石。ちょうど水の出ているゴムホースの先を指で押 …

no image

学会研究会などをあまりにも作りすぎてしまった余波とその問題

自由に研究できるということを利用して、あまりにも学会や研究会を作りすぎてしまった。そのために会場費が無駄になり、学会に出席するための交通費、宿泊費など、内需拡大には意味があろうが、医者への金銭的な負担 …

no image

病院食がまずいのは調理のせいではないようだ

もちろん病気によっては食べてはいけない食品があり、好き勝手に食べられては満足な治療ができないことはあるのだが、病院食が美味しくないというのは有名な話で、病院食を食べるのがイヤだから入院したくない早く退 …