雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

見つかりにくい療養型の求人がすぐに見つかる医師求人サービス

投稿日:2015年4月8日 更新日:

療養型の医師求人を探しておられる先生であれば、ネットで簡単に見つけることができます。ネット上には、転職支援サービスを展開している会社が多くあり、そういったサービスを利用しますと、比較的すぐに、良い求人が見つかると思います。

転職支援サービスを利用するなら、エムスリーキャリアや、医師転職ドットコムリクルートメディカルキャリアなどといった大手サービスを利用すると、求人数が多く、見つかりやすいと思います。

転職支援サービスは、登録無料で、サポートも全て無料でしてくれますので、今すぐに求人を探していない方も、情報収集のために登録だけしておくというのでもいいのではないかと思います。

療養型のリハビリ専門病院が増えてきていますので、今後、療養型の求人も増えていくと思われます。これからは、超高齢化社会になっていきますので、ニーズはどんどんと高まっていくことでしょう。

リハビリテーションのニーズが高まる

回復期リハビリテーションのニーズが高まってきています。リハビリ専門病院、回復期リハビリ病床など、総合病院のこういった病院が増えてきていて、これからもさらに増えていくのではないかと思います。

現在、回復期リハビリ病棟以外にも、回復期リハビリを専門とする医療法人も増えてきているようです。しかし、リハビリ科専門医の数は少ないようです。リハビリ科専門医は、全国にわずか2000人前後しかいないと言われています。

病院側としては、専門医を配置しますと、診療報酬が上がるようなので、リハビリ専門医の存在は、これから大きくなっていくのではないかと思われます。

回復期リハビリ病棟の患者の層は近年変化してきているようで、前までは、70%が脳血管系の患者であったのが、50パーセントほどになり、整形外科系の患者の割合が増加。廃用症候群の患者も増えたことで、脳血管系患者の割合が減ったようです。これからは、色々な疾患に対応できる医師が必用とされるようになっていくことでしょう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

インフルエンザとRNA二本鎖

私たちの体の中では、常に外部からの病原体の侵入を見張っています。常に外部からの病原体の侵入を見張っていないと、大変なことになってしまいます。 病原体の成分を検出するシステムが存在しているのですが、もし …

no image

体温計の入れ方を間違えた女子高生のお話

・女子高生、ちょっと言えない体温計事情 夜更けの救急センターの診察室。どうなさったんですか?強引に父親に連れてこられた17歳の女子高生が、おずおずと入ってきた。見たところケガをしているようでも、救急セ …

no image

拒食症と過食症とは?特徴や症状

拒食症とは、自分は太っていると悩み、ご飯を食べることを避けるようになる病気で、過食症は、拒食症とは逆に、異常なまでにご飯やお菓子などを食べてしまう病気である。 拒食症、過食症ともに摂食障害であり、過食 …

no image

ベンチレーターとは人工呼吸器のことを指す-用語集

医者しか知らない、医者の間だけで通じる用語がいくつもある。ここではそんな、医師の間で使われている用語をいくつか紹介していこう。一般の人が日常生活で使うことはないと思うが、病院へ行ったときに、医師の会話 …

no image

これはいい!高収入で人気エリアの医師求人が見つかるサービス

医師の収入には、かなりの差があります。どの診療科に進むかで、年収はかなりの差があり、美容クリニックで働けば、年収3000万円も夢ではありませんし、逆に、大学の医局で働けば、年収が1000万円に届かない …