雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

見つかりにくい療養型の求人がすぐに見つかる医師求人サービス

投稿日:2015年4月8日 更新日:

療養型の医師求人を探しておられる先生であれば、ネットで簡単に見つけることができます。ネット上には、転職支援サービスを展開している会社が多くあり、そういったサービスを利用しますと、比較的すぐに、良い求人が見つかると思います。

転職支援サービスを利用するなら、エムスリーキャリアや、医師転職ドットコムリクルートメディカルキャリアなどといった大手サービスを利用すると、求人数が多く、見つかりやすいと思います。

転職支援サービスは、登録無料で、サポートも全て無料でしてくれますので、今すぐに求人を探していない方も、情報収集のために登録だけしておくというのでもいいのではないかと思います。

療養型のリハビリ専門病院が増えてきていますので、今後、療養型の求人も増えていくと思われます。これからは、超高齢化社会になっていきますので、ニーズはどんどんと高まっていくことでしょう。

リハビリテーションのニーズが高まる

回復期リハビリテーションのニーズが高まってきています。リハビリ専門病院、回復期リハビリ病床など、総合病院のこういった病院が増えてきていて、これからもさらに増えていくのではないかと思います。

現在、回復期リハビリ病棟以外にも、回復期リハビリを専門とする医療法人も増えてきているようです。しかし、リハビリ科専門医の数は少ないようです。リハビリ科専門医は、全国にわずか2000人前後しかいないと言われています。

病院側としては、専門医を配置しますと、診療報酬が上がるようなので、リハビリ専門医の存在は、これから大きくなっていくのではないかと思われます。

回復期リハビリ病棟の患者の層は近年変化してきているようで、前までは、70%が脳血管系の患者であったのが、50パーセントほどになり、整形外科系の患者の割合が増加。廃用症候群の患者も増えたことで、脳血管系患者の割合が減ったようです。これからは、色々な疾患に対応できる医師が必用とされるようになっていくことでしょう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医師がお礼の商品券を断固として拒否した本当の理由

今日退院するNさんが、医局に挨拶に来た。皆さんでどうぞと、看護婦たちに菓子折りを渡し、担当医のWにも礼を言って、封筒を渡している。ところが彼はこれを断固として受け取らない。どこの職場でも同じで、正直な …

no image

簡単に見つかる!一般内科の求人をたくさんチェックできるサイト

現在、日本国内には、内科医がかなりいます。日本の医師の3分の1は内科医であると言われていて、外科やその他の科の医師よりも圧倒的に多いようです。これほど内科医が多いということは、求人を探す場合は、苦労し …

no image

尿路結石になった男性-健康って何か分からなくなる

35歳のSさんは、深夜激しい腹痛に襲われ、救急車で運ばれた。あんなに健康的な食生活を送ってきたのに、どうして・・Sさんは嘆くことしきりである。病名は尿管結石。ちょうど水の出ているゴムホースの先を指で押 …

no image

診断が難しい病気も多く存在する診たての難しさ

医者側にとっての診たてとは?強調したいことは、患者さんにとって金科玉条のような診たてとは、医者側にとっては、 ・医者でもよくわからない病気もある ・医学的に病気の本態の解明が進んでいないものも含まれて …

no image

カルテにnpと書くのは異常なしということ

・np(異常なし) たとえば、お腹(Abd)の診察で異常なければ、AbdnDとカルテに書く。not particularの略で、直訳すると特にない、つまり異常がないという意味だ。 ・ndE(食後) 本 …