雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

痔で入院した患者たちの上下関係

投稿日:2015年4月1日 更新日:

成人の3人に1人がかかるという痔。なんと、虫歯に次いで日本人の病気の第2位の座を獲得しているのだが、場所が場所だけに、なかなか人前で口にできる病気ではない。それだけに、ひとたび同じ病気の者が集まると、一種異様ともいえる親近感が湧く。まして、同時期に入院手術する仲間となれば、もう他人とは思えない。まさに真のおシリ合い、同期の桜なのである。

今年32歳になるAさんは、新婚4カ月の筋骨たくましいナイスガイ。だが、不幸なことに突然痔になってしまった。そこで痔の手術では定評のある市中病院に入院することにした。細菌感染によって肝門の周囲に膿瘍ができる痔ろうである。進行すると危険なので、治すには手術が必要である。これが炎症を起こすと臓を出すまでひどく痛む。痔といっても、いろいろ種類がある。その3大タイトルは痔核(イボ寿)、裂肛(切れ時)、そして痔ろう(あな療)である。

入院患者に温かく迎え入れられたが

妻に合わせる顔がない、とがっかりしたAさんだったが、入院したその日から、他の入院患者に温かく迎え入れられた。術後の経過もよく、まずまずの入院生活を送っていた。そんなある日のことである。ところで、あんたは切れてたの?出てきたの?隣のベッドのY氏が、親しげに声をかけてきた。A氏はなんのことかよくわからないながらも、持の種類をきいてるのだなと思い、いえ、できたんですと答えた。と、その瞬間、周囲にサッと冷たい空気が走ったのである。

なあんだ、そっちかか、今まで好意的だった彼らの目が、急にさげすみにとなった気がした。療核患者は男女ともに全体の60%を占める。原因も、ほかの2つが便秘が主であるのに、痔ろうは下病と異なる。イボ痔の場合、トイレや正座の後はもちろん、歩いているときでさえも、脱肛を押し込まなくてはならないという、辛く苦しい経験を伴う。痔ろうは他の2つと違い、羅患する率も、せいぜい男性で全体の10%強の少数派。

入院中は毎日、Y氏を囲み、手術に至る長い忍耐期間の武勇伝に花が咲く。ところが、突然炎症を起こしたA氏は持経験も入れないなことにも上下があるのかと、一抹のさみしさを味わっなのであった。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

3分診療のカラクリ-ある医師の話を例に説明

三時間待ちの一三分診療を受ける患者さんの腹立たしさはよく分かっているつもりです。しかし勤務医に言わせると、勤務医の方もかなり疲れている。その辺のところをある例にとって説明しましょう。 これはある医師の …

no image

なぜ、高学歴の親の子供がいい大学に入りやすいのか?

私が中学に入ってから成績が下がったのは、勉強をしなかったせいだ。それというのも、中学受験塾の先生がいい加減な人で、「灘中に入ったらトコロテン式に東大に入れる。だから今(小学六年生のうちに)勉強しておけ …

no image

「さじ加減」は料理ではなく医師がサジを使った分量の調節だった

・コーマ(coma) 昏睡のことを英語でコーマ(coma)という。 ・コート(kot) コートというのは、ドイツ語で便のこと。コートを調べてくれというのは、大腸ガンかもしれないから、患者の便を調べろと …

no image

大人になんかなりたくないと思うひきこもり

大人の人の中には、すでに社会人になっていても、まだ子供のままがいいという思いを抱き続けている人もいるかもしれない。 10代の頃、大人になんかなりたくないと思っていた人もいるだろう。たしかに大人になると …

no image

サードオピニオンを別の病院で求めると安心な理由

ある総合病院では、主治医の紹介状、それまでにおこなった治療内容、今後の治療方針、検査データ、薬の情報などを患者が用意すれば、新たな視点で治療や手術についての意見を提供してくれます。セカンド・オピニオン …